シェアリングエコノミーのおすすめ関連記事

月間1600万人集まる個人作品売買サイト 商業施設の集客源にも

企業や団体に属さない「個人」が、作品やスキルを提供してビジネスを展開する「個人経済圏」。アクセサリーから洋服、家具まで個人が制作した作品を販売する「Creema」は、ネット販売を核に大型商業施設への常設店舗も展開し、個人クリエイターのビジネス領域拡大をサポートしている。


売買サイトがマーケの起点に 個人作家のビジネス領域を拡大

特集の第2回で取り上げた、個人クリエイターの作品売買に特化したプラットフォーム「Creema」。同サイトは個人クリエイターのビジネスをどのようにサポートしているのか。出品者の1人、陶芸家ののぐちみか氏は、「撮影や出品、発送まで委託できるところが魅力」とその強みを語る


中国シェアリングエコノミーの栄枯盛衰 自転車からバッテリーへ

2008年、シェアリングエコノミーの先駆けとして米国で誕生した「Airbnb」は20年にIPO(新規株式公開)を実施すると発表した。中国ではこのシェアリングエコノミー市場に劇的な変化が起きている。シェアバイクサービスは既にピークを過ぎた。中国シェアリングエコノミーの行方は。


メルカリ愛用者に「新品購入」現象 買うのはビームスがお好き

前回は、なぜシェアリングビジネスが定着しつつあるのか、情報通信技術やユーザーマインドの観点から理由を紹介した。今回は、生活にシェアリングが定着したことで、私たちの日々の行動がどのように変化しているのかについて、メルカリと行った共同研究の結果を踏まえて分析していく。


爆増する「スキル」のシェアリング 実は日本企業の処方箋に

本連載ではこれまで、“モノ”と“移動”のシェアリングの普及が社会に及ぼす影響について紹介してきた。今回は、“スキル”のシェアリングについて取り上げる。


眠ったお金を動かす「お金のシェアリング」 豊かな社会への切符

個人の資金流動性が諸先進国と比較して低いとされる日本では、「貯蓄から投資へ」の実現が課題。そんな中、人々に経済合理性以外の投資動機を与えるお金のシェアリングがこの課題を解決し、より豊かな社会をつくる原動力になることが期待される。


移動から配送にも進出、対象市場を拡大し続ける

ウーバーやリフトは「移動」の概念を大きく変えた一方でビジネスモデルの詳細やデータの活用方法を明らかにしていない。シリコンバレー在住の日本人ドライバーによる連載の3回目はウーバーが提供する各種サービスについて説明する。


▲INDEXへ

(写真提供=ShutterStock)