AIとディープラーニングお薦め関連記事

ディープラーニングG検定対策2 人工知能の問題と機械学習

ディープラーニングG検定 試験対策講座の第2回は、人工知能分野の問題と、機械学習の種類について学びます。フレーム問題、シンボルグラウンディング問題や、機械学習の4つの種類など、試験対策で押さえておくべきポイントを解説します。


AIの本懐、それは「人の代替」ではなく「人の増幅」にあり

デジタルゲームの開発現場から、AIによって未来の社会がどう変化するのかを描く本連載。2回目となる今回は、AIを使ったビジネスに企業が取り組む際に、どのような視点を持って臨むことが重要かを説く。


AI活用は難しくない 「カメラを置くだけ」日立の超簡単ワザ

今回は、がっしりと地に足の着いたテクノロジー活用の好例を2つ紹介したい。1つは日立システムズが提供する「カメラ利用型メーター自動読み取りサービス」だ。もう1つは、ゼネコンが建設現場で朝礼とITを融合させようとする事例である。


AIで新たな体験創出 JR東駅ナカのインバウンド向け自販機

JR東日本ウォータービジネス(東京・品川)は2020年3月24日、AI(人工知能)を搭載したインバウンド向け多機能自販機の実証実験を始めた。英語など4カ国語に対応し、外国人旅行客におすすめの飲み物を紹介したり、駅構内を案内したりする。新たな購買体験を付加することで、インバウンド需要を取り込む狙いだ。


「交通整理のおじさん」もAI化 公共サービスで広がる映像解析

AI(人工知能)や映像機器の技術が進歩し、人間の顔や属性、あるいは物体を見分ける画像解析の技術が広がっている。低コスト化が進んだことで、インフラ整備や公共サービスでも使われ始めた。こうした技術は、イベント運営や混雑度のチェックなど幅広いビジネスへの転用も期待できそうだ。


月額2万円のAIで万引き対策が激変 日本版「顔認証」活用の裏側

AI(人工知能)の高度化とカメラの低価格化によって、映像で人物の属性や行動あるいは顔の特徴を特定する技術が広がっている。本特集では、小売店や飲食店などでも格安で導入できる「映像解析/顔認証」の最前線を追う。第1回は北海道の「サツドラ」の防犯やマーケティングに生かす事例を紹介する。


新型コロナ対策で医療現場に音声入力システム 識別率は92%以上

中国インターネット検索最大手の百度(バイドゥ)と臨床データ採集システムを手掛ける「子杰宝貝(ズージェーベイビー)」によって共同開発された医療現場向けの音声認識入力システムが2020年2月25日、山東省煙台市の煙台市伝染病医院に導入された。バイドゥはAI(人工知能)を使った音声認識技術を無償で提供することで、ズージェーベイビーの新型コロナウイルス対策支援に向けたシステム開発をサポートしている。


松尾豊・石角友愛対談 AIポテンシャルが高い会社になる3条件

米シリコンバレーを拠点に企業のAI(人工知能)活用・導入を支援するパロアルトインサイトの石角友愛CEO(最高経営責任者)と、ディープラーニング(深層学習)分野で日本をリードする東京大学大学院工学系研究科・松尾豊教授との新対談企画。第1回は、「AIポテンシャルが高い会社」に共通する持つ3つの条件について語る。


「ルンバは次世代のAIプラットフォームに」アイロボットCEO語る

アイロボットジャパンはロボット掃除機ルンバの最新機種「ルンバ s9+」を市場に投入する。形状を円形からD型に変更して吸引力を40倍に高め、デザインを一新した。米アイロボット・コーポレイションの創業者でCEOのコリン・アングル氏は「ルンバはスマートホーム時代のプラットフォームになる」と語る。


協調AIなら解ける? 経済学のジレンマ「共有地の悲劇」

人工知能(AI)は、深層強化学習の発展により、囲碁や将棋などの対戦型ゲームにおいて人間を上回るパフォーマンスを出すようになった。しかし実世界における問題は、敵対的な状況だけではない。むしろ個々人が協力・協調しなければ解けない問題も多い。

▲INDEXへ