驚異の10年継続在庫保証。法人向けに本格参入

 ワークマンプラスの陰で、ワークマンは着々と新ビジネスに乗り出していた。法人向け事業への本格参入である。18年春、「G-NEXT(ジーネクスト)」というシリーズ名で、企業向け作業服(ユニフォーム)の在庫を10年間継続保証するサービスを打ち出した。

 作業服は上下セットで3000円(税込み・以下同)から。これまで培ってきた技術のすべてを注いだという“ワークマン史上最強の作業服”こと「WM Bizz 裏綿 STRETCH」も上下セットで5000円と、法人向けでも価格の常識を壊した。

在庫を10年間保証するシリーズで法人需要の開拓を目指す
在庫を10年間保証するシリーズで法人需要の開拓を目指す

 夏用、冬用、通年用とそろえ、あらゆる体形をカバーできるよう、S~5Lまで全7サイズを同一価格で展開。洗濯機で洗える防寒ウエアや、膝を立体構造にして屈伸しやすくしたストレッチ性の高いパンツなど、機能面も強化した。改廃が多い法人向けユニフォームの世界で、長期間、安定的に供給することで差別化を図り、一気に需要を掘り起こす。

 「約40年間、作業服を作り続けてきた会社だから、10年保証ができる。これは、MonotaRO(モノタロウ)もアマゾンも、ネット企業にはできっこない」(土屋氏)。ワークマンによると、法人向けの作業服は納入業者こそ多くいるが、特に小規模企業は後継者不足が顕著。今後5年間で3割程度、廃業すると言われており、今のうちにシェアを取れば、大きく業容を拡大できると踏んだ。

 ワークマンは作業服をはじめとした職人品質のウエアが、一般客にも受けることを証明した。海外にも作業服メーカーはあり、いずれもその国に合わせて独自の進化を遂げてきた。米国ではジーンズこそが、作業着だった。企業規模こそ大きく違うが、「GAPはまさにワークマンだったんです」と土屋氏は語る。

 ワークマンは、“日本のGAP”として大きくなれるか。かつてユニクロが、GAPをベンチマークにして成長したように、ワークマンは、デカトロンと切磋琢磨(せっさたくま)することで、さらなる飛躍を期している。

(写真/高山 透)


全編コロナ後書き下ろし!
「ワークマンは商品を変えずに売り方を変えただけでなぜ2倍売れたのか」(2020年6月29日発売)
酒井大輔著、日経BP、1760円

 既存店と同じ商品を扱いながら、売り方を変えただけで2倍売れた!衝撃の新業態「ワークマンプラス」誕生から2年近く。消費増税も、新型コロナ禍も物ともせず、2桁成長を続けるワークマンの強さの秘密に迫りました。

 主人公は、商社からやってきた1人の男。作業服専門店が、なぜ今をときめくアパレルショップになれたのか。客層を大きく拡大できたのはなぜなのか。実は水面下で、緻密かつ計算され尽くした戦略がありました。組織が躍動し、変わっていく姿を、物語仕立てで克明に描写。本邦初公開の情報も余すことなく盛り込みました。ワークマンは新型コロナにどう立ち向かったのか。アフターコロナで何を仕掛けるのか。本書を読めばすべて分かります。新時代のリーダー像、成果を出すチームづくりの極意も見えてくるはずです。
Amazonで購入する
日経BP SHOPで購入する