「1円でも安く」を追い求め、ワークマンは素材や製法ごとに委託工場を分けて量産している。写真は中国の縫製工場
「1円でも安く」を追い求め、ワークマンは素材や製法ごとに委託工場を分けて量産している。写真は中国の縫製工場

ワークマン驚異の原価率65% アマゾンに定価で勝てるモノづくり

2019年03月13日
  • 「1円でも安く」を追い求め、ワークマンは素材や製法ごとに委託工場を分けて量産している。写真は中国の縫製工場
  • ワークマンの商品カタログにはどのページにも、商品の機能解説がびっしりと書き込まれている。右上が499円の放熱冷感シャツ
  • 北村氏は「Find-Out」の立ち上げから参画。デザイン面も手掛けている。仕事着はもちろんFind-Outだ。
  • ワークマンプラスのららぽーと富士見店。開店時には最大2時間の入場制限ができた