小売企業のデジタルシフトは待ったなしだ。24時間問題で揺れる大手コンビニを中心に、省人型店舗の取り組みが広がりつつある。そこで、セブン-イレブンのオムニチャネル戦略のリーダーを務めた、デジタルシフトウェーブの鈴木康弘社長に、小売企業のデジタルシフトの課題や海外企業と異なる点などについて聞いた。

鈴木 康弘氏
デジタルシフトウェーブ代表取締役社長
1987年富士通に入社。SEとしてシステム開発・顧客サポートに従事。96年ソフトバンクに移り、営業、新規事業企画に携わる。99年ネット書籍販売会社、イー・ショッピング・ブックス(現セブンネットショッピング)を設立し、代表取締役社長就任。2014年セブン&アイ・ホールディングス執行役員CIO就任。グループオムニチャネル戦略のリーダーを務める。15年同社取締役執行役員CIO就任。16年同社を退社し、17年デジタルシフトウェーブを設立

デジタルを活用した省人型店舗を標榜する小売企業が増えています。

人手不足の対策としての省力化を目的とした取り組みと、顧客の利便性向上を目的とした取り組みを分けて考えるべきでしょう。

 例えば、「Amazon Go」は顧客の利便性から考えられています。体験をしてみると実感できます。デジタルで置き換えられる部分を整理していって、人が果たすべき役割を考える形で設計されています。

日本の小売企業のデジタルシフトが進みにくい理由をどう考えますか。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>

全編コロナ後書き下ろし!
「ワークマンは商品を変えずに売り方を変えただけでなぜ2倍売れたのか」(2020年6月29日発売)
酒井大輔著、日経BP、1760円

 既存店と同じ商品を扱いながら、売り方を変えただけで2倍売れた!衝撃の新業態「ワークマンプラス」誕生から2年近く。消費増税も、新型コロナ禍も物ともせず、2桁成長を続けるワークマンの強さの秘密に迫りました。

 主人公は、商社からやってきた1人の男。作業服専門店が、なぜ今をときめくアパレルショップになれたのか。客層を大きく拡大できたのはなぜなのか。実は水面下で、緻密かつ計算され尽くした戦略がありました。組織が躍動し、変わっていく姿を、物語仕立てで克明に描写。本邦初公開の情報も余すことなく盛り込みました。ワークマンは新型コロナにどう立ち向かったのか。アフターコロナで何を仕掛けるのか。本書を読めばすべて分かります。新時代のリーダー像、成果を出すチームづくりの極意も見えてくるはずです。
Amazonで購入する
日経BP SHOPで購入する