「toio」で幼い子どもたちにリーチ

ソニーが開発したロボットトイ「toio(トイオ)」をSIEから販売することになりました。この事業についてお話を聞かせてください。

ソニーからSIEに“移籍”し、再出発したロボットトイ「toio」(写真:加藤康)
ソニーからSIEに“移籍”し、再出発したロボットトイ「toio」(写真:加藤康)
[画像のクリックで拡大表示]

toioは、ソニーの新規事業創出プログラム「SAP(Seed Acceleration Program、現・SSAP=Sony Startup Acceleration Program)」から誕生ました。toio自体はデバイスですが、遊ぶにはコンテンツが必要です。コンテンツ作りや普及については、私たちに強みがありますので、当社が携わるべきだと考えました。

 携われて良かったとも感じています。なぜなら、toioによって、当社がこれまでアクセスしきれていなかった小学生以下の子どもたちにリーチできるからです。当社としては、toioを通じて小さな子どもたちにSIEやPlayStationを知ってもらうチャンスと捉えています。

 販売を始めて驚いたのは、思った以上にプログラミング教育に絡んだニーズが強いことです。教育熱心なお母さんが買ったり、塾などの事業者からtoioを教材として使いたいと問い合わせがあったりします。グランツーリスモSPORTの予選会を全国各地で開催して分かってきたことですが、eスポーツに感度の高い都道府県は、toioにも強い関心を示す傾向があります。

 eスポーツの大会と同様、近い将来、toioでロボットコンテストのような催しができればと思っています。ユーザーが創造した作品をみんなに見せたり、褒められたりする機会がtoioには必要だと考えますし、そうすることでずっと遊んでもらえそうです。こうした催しには、eスポーツで培った知見がきっと役立つだろうと考えています。

ゲーム業界に今、新たに吹いてきた風

日本のゲーム業界全体の今後のトレンドをどう見ていますか?

今、ゲーム業界はものすごく活気に満ちています。各社から相次いで大きな発表があった影響でしょう。米マイクロソフトは20年冬に投入予定の新型ゲーム機のプロジェクト「Project Scarlett」を発表しましたし、先に挙がった米グーグルのStadiaは19年11月にリリース予定です。任天堂からは携帯ゲーム機「Nintendo Switch Lite」が9月に登場します

 私はサードパーティーとの折衝を担当しているので、ソフトウエア・メーカー各社の浮き立ったムードを肌で感じています。ソフトウエア・メーカーにとってプラットフォームが増えることは、収益を増やすチャンス。それを生かそうと、ゲームに対して積極的な投資の機運が生まれます。ポジティブな流れを、日々強く感じています。

 この流れに乗って、SIEはPlayStationの強みをソフトウエア・メーカー各社に訴求していきます。魅力的なタイトルをどんどんPlayStationフォーマットに誘致したいと思っています。

植田浩氏
植田浩氏
[画像のクリックで拡大表示]

 新しいゲーム機やサービスの登場に加えて、ソフトウエア・メーカーの意欲をかきたてているのが、次世代通信規格の5Gです。5Gや5Gによって本格化するクラウド型サービスに適したコンテンツの検討が各社で始まっています。

 かつてスマホが普及した時、モバイルゲーム業界に新しいプレーヤーが次々に参入しました。5G時代にも同様の大きなうねりが生まれるかもしれません。新しいIP(知的財産権、ここでは新しい人気ゲームタイトルやそのキャラクターを指す)が生まれ、新しい会社が生まれ、新しい遊び方が生まれることが考えられる。私がこの業界に携わってかなりの年月がたちますが、ゲーム業界は今、新たに吹いてきた風にまた盛り上がっています。

植田浩(うえだ ひろし)氏
ソニー・インタラクティブエンタテインメント ジャパンアジアパブリッシャー&ディベロッパリレーション部門SVP兼部門長、ジャパンアジアリージョンオフィスSVP(ジャパンマーケットビジネスプランニング担当)
1967年生まれ。1999年ソニー・コンピュータエンタテインメント(現SIE)に入社。日本国内において販売企画部、営業部、パブリッシャーリレーション部などの部長を務めたのち、2012年にソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンSVP(シニア・バイス・プレジデント)就任。2018年より現職。

(聞き手/山田 剛良=日経 xTECH、写真/栗原克己)