『ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル』や『BLEACH Brave Souls』のように、国内外で数年にわたって支持される人気タイトルを複数抱え、成長を続けるKLab。2018年度決算は売上高、営業利益とも過去最高となった。19年3月21日に新社長に就任した森田英克氏に同社の戦略を聞いた。

2018年度の業績は好調でした。振り返ってみて、KLabにとってどのような1年でしたか?

18年に新作タイトルのリリースを予定していましたが、それが延期になってしまい、本来なら業績にダメージが出るところだったのですが、既存タイトルの運営チームが頑張ってくれたおかげで、年間を通してみたら増収増益で終われたという年でした。

17年6月にリリースされ、世界154の国と地域でダウンロードされているアプリゲーム『キャプテン翼 ~たたかえドリームチーム~』<br>(C)高橋陽一/集英社<br>(C)高橋陽一/集英社・テレビ東京・エノキフィルム<br>原作「キャプテン翼」高橋陽一(集英社文庫コミック版)<br>(C)KLabGames
17年6月にリリースされ、世界154の国と地域でダウンロードされているアプリゲーム『キャプテン翼 ~たたかえドリームチーム~』
(C)高橋陽一/集英社
(C)高橋陽一/集英社・テレビ東京・エノキフィルム
原作「キャプテン翼」高橋陽一(集英社文庫コミック版)
(C)KLabGames

 増収増益を達成できた1番の要因は、『キャプテン翼 ~たたかえドリームチーム~』や『BLEACH Brave Souls』などのスマートフォン向けゲームが海外市場で好調だったからです。特に全世界で1500万ダウンロードを達成した『キャプテン翼 ~たたかえドリームチーム~』は、好調でした。

 これまで日本のモバイルゲームが海外市場に展開するときは、北米や韓国、香港や台湾などの繁体字中国語圏がメインマーケットになっていましたが、『キャプテン翼 ~たたかえドリームチーム~』はそれ以外の国と地域で非常によい成果が出ました。

 まず香港です。ゲームの世界で繁体字圏という言い方をするのは、台湾、香港、マカオを合わせて1つのマーケットと見ているからなんですが、『キャプテン翼 ~たたかえドリームチーム~』の場合は香港が突出した売り上げを出せました。

 次に中東の湾岸地域、バーレーン、クウェート、アラブ首長国連邦(UAE)、サウジアラビアなどです。それにフランス、ドイツ、スペイン、イタリアといった欧州でも非常によい結果を出せました。もともと作品の知名度が高かったところに、ゲームの面白さがうまくマッチしたおかげかなと思っています。

 本作は「リアルタイム対戦」をメインの軸の1つに据えました。海外のユーザーは対戦に対して熱量が非常に高く、それがヒットにつながったのだろうと思います。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>