多数の有力タイトルを持つセガゲームスは、海外販売体制を備え、国内タイトルの海外での販売にも積極的に取り組んでいる。Googleなどの新しいプラットフォームへの対応やeスポーツへの取り組みなどを、代表取締役社長COO(最高執行責任者)の松原健二氏に聞いた。

セガゲームスの松原健二代表取締役社長 COO
セガゲームスの松原健二代表取締役社長 COO

JUDGE EYESは高評価、スマホゲームはやや不安

2018年は『JUDGE EYES』が話題となり、海外展開も好調に見えました。

全体的にもっと頑張れたのではないかという思いがあります。『JUDGE EYES:死神の遺言』については想定以上の高評価を得ました。木村拓哉さんに初めてビデオゲームに出演していただき話題になりましたし、アクションやストーリーなどもこれまでの『龍が如く』シリーズ作品に勝るとも劣らない内容で、「龍が如くスタジオ」の新しいIP(ゲームやキャラクターなどの知的財産)として存在感を示せたのではないでしょうか。欧米版を19年6月に、国内では新価格版を19年7月に発売します。

『JUDGE EYES:死神の遺言』(C)SEGA
『JUDGE EYES:死神の遺言』(C)SEGA

 海外では英国のスタジオによるPC(パソコン)向けタイトルが順調に推移しました。米国におけるパッケージソフトのローカライズビジネスもまずまずで、『Yakuza』シリーズ(『龍が如く』シリーズのローカライズ版)の販売が好調でした。海外事業はここ数年安定して成長を遂げています。あとは国内のタイトルでしっかり業績を上げられれば文句なしですね。

 懸念としては、これまで好調だった(スマホゲームなどの)モバイルがだんだん厳しくなってきたことですね。これは業界全体に言えることなので、セガゲームスだけではありませんが、今後モバイル向けの戦略は今までと同じではダメだと捉えています。

モバイルで何が起こっているのでしょうか。

現状のプラットフォームで考えるとスマホ市場は成熟期に入っており、新しいタイトルが人気上位に入りにくくなっています。4~5年前は新しいゲームが登場し、それまで人気だったタイトルに取って代わるような新陳代謝が起きていたのですが、今はそれが起きにくいです。

 セガも『ぷよぷよ!!クエスト』は好調ですが、新規タイトルが『ぷよクエ』に迫ることは難しくなっています。しっかりと作り込んだゲームであっても市場に浸透し定着するには難しい状況であったと言えます。今後はより精査し、絞り込み、現在の人気トップ20に食い込めるような内容のタイトルをリリースできるよう努めていきます。広告に関してもある程度集中して行うことで効率的に認知を高めていくことを重視していきます。

『ぷよぷよ!!クエスト』(C)SEGA
『ぷよぷよ!!クエスト』(C)SEGA