顧客にストレスを感じさせないサービスを考える時代

サブスクリプションやキャッシュレスなどにも関心があるそうですね。

サブスクリプションといっても、動画見放題や音楽聞き放題のようなモデルを導入すべきということではありません。ゲームタイトルを発売した後もずっと継続的にお客様に関わっていくと言う意味で考えています。

 ゲームもテレビもその他のコンテンツも、お客様の可処分時間の奪い合いになっています。大事なのは、1つのゲームを1日中ずっとプレーしてもらうことではなく、ゲームをプレーしている以外の時間でもゲームコンテンツとの触れ合いを維持してもらえるかどうかです。そういう意味で、新設するメディア・アーツ事業部などのサービスが鍵になると思います。

 デジタルコンテンツがあふれているこの時代、我々が提供するサービスでお客様にストレスを感じさせてはいけません。時間が掛かるとか待たされるとか、そのようなストレスを感じた途端に、他のコンテンツに移ってしまいますから。

 例えばタイトーが展開しているアーケード事業なら、オンラインでクレーンゲームを楽しみたいというお客様にストレスを感じさせずに遊んでいただき、店舗ではキャッシュレスでスムーズにお支払いいただく。そういう考え方で、新しいサービスを開発していかなければならない時代になったということです。

インドのゲーム市場へ再挑戦はスマホベース

18年は、中国市場で新規タイトルのリリースが停止になるなど、ゲームビジネスに対する中国政府の規制もありました。

まだ先行き不透明ですが、中国国内の動きは少し落ち着いてきているようです。中国市場の可能性は十分に認識していますが、そこに固執するよりも、パートナー企業である中国テンセント(騰訊控股)のネットワークを通じて、中国以外の国々への販売などを検討したいと考えています。まださまざまな可能性を模索中ですが、テンセントとの取り組みはこれからも継続していきたいですね。

インドマーケットに再度取り組むというお話もあります。

今年は休眠していたインドの子会社を再始動させました。インド国内では、通信環境や決済の仕組みなどビジネス環境が整ってきましたし、キャッシュレス決済なども中国と同様、非常に進んでいます。激変するインド市場で、スモールスタートではありますが、我々のコンテンツを根付かせる活動をしたいと思っています。

 展開するコンテンツとしては、スマホタイトルを検討しています。現在、インドのスマホゲームの市場規模はまだ小さいのですが、これから急拡大する可能性がありますから、足場は作っておかないといけない。まず、向こう5年くらいをかけて、インド市場を開拓します。

今後注目のタイトルを教えてください。

発表しているタイトルでは、日本のスタジオで制作している『FINAL FANTASY VII REMAKE』、米サンフランシスコのCrystal DynamicsとカナダのEidos Montrealが制作している『The Avengers Project』などでしょうか。しっかりとしたタイトルに仕上がりそうですので、期待していただければと思います。

『FINAL FANTASY VII REMAKE』(C) SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. CHARACTER DESIGN:TETSUYA NOMURA/ROBERTO FERRARI
『FINAL FANTASY VII REMAKE』(C) SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. CHARACTER DESIGN:TETSUYA NOMURA/ROBERTO FERRARI
『The Avengers Project』
『The Avengers Project』
松田洋祐(まつだ・ようすけ)氏
スクウェア・エニックス・ホールディングス/スクウェア・エニックス 代表取締役社長。1963年生まれ。2001年にスクウェア・エニックス(旧スクウェア)に入社後、同社執行役員・取締役、タイトー取締役、スクウェア・エニックス・ホールディングス取締役などを経て、2013年から現職

(写真/稲垣純也)