ぎっしりと情報を盛り込んでいるスライドをよく見かける。この連載で述べてきたように、プレゼンテーションは話を聞いてもらうもの。情報量が多すぎると聞き手の注意がスライドに向いてしまう。今回は、情報の多い資料を、プレゼン用にすっきりさせる手法を解説しよう。

経済産業省の「DX レポート」に掲載されている「2025年の崖」の図。政策を議論するため、さまざまな情報を1枚に集約した形となっている
経済産業省の「DX レポート」に掲載されている「2025年の崖」の図。政策を議論するため、さまざまな情報を1枚に集約した形となっている
今回のポイント
1.プレゼンのスライドはシンプルに
2.修正ポイントを書き出して1枚のスライドに
3.秒速プレゼンテーション用はさらに分解

 最近IT業界で話題になっているトピックに「2025年の崖」がある。経済産業省が2018年9月に発行した「DX(デジタルトランスフォーメーション)レポート~ITシステム『2025年の崖』の克服とDXの本格的な展開~」は、「将来、DXが進まなかったときに日本がどうなるのか」という展望をまとめたものだ。僕も何度か読み、参考にさせてもらっている。

 これは論文に近いリポートで、ぎっしりと内容が詰まっている。27ページ目に登場する「2025年の崖」のスライド(上図)は、それまで述べてきたことをまとめているだけに内容が濃い。そこに書かれた内容を秒速でめくっていくスタイルでプレゼンするなら、30~50枚のスライドになりそうだ(関連リンク:聴き手が目を離せなくなる 秒速プレゼンテーション)。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>

人気連載『「刺さる」プレゼンの極意』が書籍化!
「“秒速"プレゼン術」(6月22日発売)
戸田覚著、日経BP、1760円

 もはや「対面で会う」だけの時代は過ぎ去った――。日経クロストレンドの人気連載『「刺さる」プレゼンの極意』が書籍になりました。アフターコロナ時代に求められるのは、リモート会議を通したオンラインのプレゼン技術。ネット越しにいかに聞き手の心を瞬時につかむか。多数のプレゼン関連書籍を手がけてきた戸田覚氏が、これまで培ってきたプレゼン技術を集大成。アウトプットと成果を引き出す効率化の技法「“秒速”プレゼン」をはじめ、新世代のプレゼン戦略を網羅した1冊です。
 プレゼンの目的と原則、構成の作り方、デザイン手法、話し方、次世代のリモートプレゼン術と、現代のビジネスパーソンに求められる「勝てる」プレゼンスキルの全てを収録しました。キリンビバレッジ「午後の紅茶」、ライオン「バスタブクレンジング」など最新ヒット商品のプレゼン資料も一挙公開します。
Amazonで購入する
日経BP SHOPで購入する