戸田氏が提案する新しいスタイルのプレゼンテーション「秒速プレゼンテーション」。前編では、そのポイントと効果について紹介した。後編では秒速プレゼンテーションの3つのメリットをまとめた。

「伝わりやすい」のほかにも、秒速プレゼンテーションにはさまざまなメリットがある(写真提供/shutterstock)
「伝わりやすい」のほかにも、秒速プレゼンテーションにはさまざまなメリットがある(写真提供/shutterstock)

 前編で紹介したように、秒速プレゼンテーションでは、要素をどんどん分解して、1枚のスライドに入れ込む内容を最小限に抑える。例えば3行の箇条書きなら、1行ずつ3枚のスライドに分けるわけだ。

 僕は、専用のテンプレートを「PowerPoint(パワーポイント)」で自作している。といっても難しい話ではなく、大きな目立つ文字をセンターにレイアウトできるスライドマスターを用意してあるだけだ(関連記事「30ポイント以下はダメ パワポで使う文字サイズの新たな目安」)。

「秒速プレゼンテーション」3つのメリット
1.スライド作成に時間がかからない
2.話慣れていなくても一定水準以上に仕上がる
3.時間通りにプレゼンを終えられる
有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>