戸田氏が提案する新しいスタイルのプレゼンテーションを2回に分けてお届けする。「秒速プレゼンテーション」と名付けられた、情報量が少なめのスライドを次々とめくっていく手法には、プレゼンの発表者が知っておくべき意外な効果があった。

昨今は、多くのスライドを用意して1枚当たり1分を切るようなプレゼンを実践する人が増えつつある(写真提供/shutterstock)
昨今は、多くのスライドを用意して1枚当たり1分を切るようなプレゼンを実践する人が増えつつある(写真提供/shutterstock)

 下の画像は、あるイベントで僕がプレゼンテーションに使ったスライドの一覧だ。正味30分ほどのプレゼンに39枚のスライドを用意している。つまり、1枚のスライドにかける時間は1分を切っているのだ。分単位ではなく、秒単位で高速にスライドを切り替えていくこの手法を「秒速プレゼンテーション」と僕は命名した。

とあるセミナーで利用したスライドは30分で39枚
とあるセミナーで利用したスライドは30分で39枚
今回のポイント
1.1分以内の切り替えで聞き手の集中力を高める
2.箇条書きをそれぞれ別のスライドに分ける
3.分割することでスライドの改善点も見えてくる

プレゼン中に聴き手が上の空になるワケ