プレゼンテーションをするからには、相手の関心を引かなければ意味がない。勝負を分けるポイントは、プレゼンの聞き手が「知りたい」と思う内容になっているか。プレゼンの書籍を多数執筆してきた戸田覚氏が、相手に「刺さる」構成やタイトルを練るための方法を指南する。

スライド作りの前に、考えを整理し、相手が「聞きたくなる情報」を絞り込む作業が必要となる (c)Shutterstock
スライド作りの前に、考えを整理し、相手が「聞きたくなる情報」を絞り込む作業が必要となる (c)Shutterstock

 プレゼンの準備をするために、いきなりスライドを作り始める人がいるが、ちょっと待ってほしい。スライドを作り始める際には、最初に構成を考えるべきだ。構成とは「中身とその順番」だと考えればよいだろう。書籍で言うところの目次をまず考えるわけだ。

 プレゼンが下手な方の多くは、ここをすっ飛ばしている。「どんなことを言いたいのか」が、漫然と頭の中にある状態で整理されていないのに、そのことに気付いていない。プレゼンの柱がまとまっていないのに、とりあえず会社の誰かが作成したスライドを探して、流用しようとする。もしくは、PowerPointのテンプレートからデザインが気に入ったものを探して作り始めてしまう。

 これでは、プレゼンがうまくいくわけがない。まず、プレゼンの目的と目標をはっきりさせようではないか。そうすることでゴールが明確に見えてくる。

チャートを組んで相手の関心事を探す

 プレゼンの目的は、明確に正しく「伝えること」だ。あなたが言いたいことを正確に伝えることができれば、それがゴールになる。だが、聞き手はあなたが伝えたいことに関心を持っているとは限らない。

 そこで重要になるのが、相手の聞きたいことをあぶり出す作業だ。つまり、前回簡単に触れた「キラーインフォメーション」を探すことから始める。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>