新型コロナウイルスの感染が広がり、顧客が来店できなくなった外食業界は大きな影響を受けている。こうしたなかメキシカンファストフードの米チポトレ・メキシカン・グリル(Chipotle Mexican Grill)は、新たなマーケティング施策を打ち出した。テークアウトを強化するのはもちろんだが、ビデオ会議のZoomを利用したソーシャルマーケティングを展開。コロナ後にも備えている。

チポトレ・メキシカン・グリルの店舗(出所:Shutterstock.com)
チポトレ・メキシカン・グリルの店舗(出所:Shutterstock.com)

 チポトレはタコスやブリトーなどを販売するメキシカンファストフード店だ。筆者の住んでいるシリコンバレーでは、街道沿いにマクドナルドよりも多く目にする。タコス3個で8ドルぐらいで購入でき、こちらではリーズナブルな部類に入る。

 チポトレのオンライン注文は年間10億ドル(約1080億円)にも達しており、それに対応するためシステムなどへの投資をしてきている。今回、そのインフラをフルに活用し、攻勢を強めている。

 具体的には、オンライン注文でも店舗のようにメキシカンのトッピングを細かく指定できる。そして従来顧客のつなぎとめだけでなく、新顧客獲得のためデリバリーにかかる手数料を無料にしている。また3月10日には広告戦略を転換。これまではスポーツイベントに重点的に出稿してきたが、在宅の顧客に訴求するためソーシャルメディア中心に切り替えた。

Zoomで最大3000人

「Chipotle TogetherChipotle Together」としてZoomを利用した最大3000人のファンミーティングを企画した(提供:チポトレ・メキシカン・グリル)
「Chipotle TogetherChipotle Together」としてZoomを利用した最大3000人のファンミーティングを企画した(提供:チポトレ・メキシカン・グリル)

 業界で注目されているのが、ビデオ会議のZoomを利用したマーケティングだ。在宅勤務の法人利用と思われていたツールをソーシャルマーケティングに活用したのだ。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>

「第2回ディープラーニングビジネス活用アワード」応募受付中

「第2回ディープラーニングビジネス活用アワード」応募受付中
 ディープラーニングを活用した優れたプロジェクトを表彰する「第2回ディープラーニングビジネス活用アワード」の応募を受け付け中です。企業の持続的な成長に必要なデジタルトランスフォーメーション(DX)のカギを握るものの1つがAI(人工知能)、そして精度向上が著しいディープラーニングの活用です。PoC(概念実証)の谷を乗り越え、ディープラーニングで新たな事業を生み出した取り組みや産業・社会的なインパクトの大きな取り組みを表彰することで、ディープラーニングのビジネス活用を加速することを目指しています。

 本アワードは、企業のプロジェクト単位の活動が対象です。ディープラーニングを使って売り上げ増を達成したり、コロナ対策やSDGs(持続可能な開発目標)貢献など社会課題を解決するなど、「産業・社会的なインパクト」があるか、アルゴリズムやデータの「先進・独自性」があるか、一般に活用が遅れている分野へ適用する「チャレンジ度」があるかの3点で評価します。
詳細は、こちらをご確認ください。
あなたのプロジェクトのエントリーをお待ちしております。