ニューヨークをはじめとして、米国の都市では新型コロナウイルスの封じ込めで、在宅命令が強化されている。そうしたなか「巣ごもり疲れ」の需要を喚起しているのがドライブインシアターである。感染対策を強化して営業を続ける動きがある。日本でもコロナ後の参考にすべき点があるだろう。

(出所/Shutterstock.com)
(出所/Shutterstock.com)

 米西海岸のカリフォルニア州では3月17日に一部の自治体で自宅での待機命令が出され、同19日には全域で発令された。感染回避のためにさまざまな娯楽施設が営業を止めている中で、一部で営業を続けている業態がある。車に乗ったまま映画を楽しむことができるドライブインシアターである。スクリーンのある駐車場に車を止めて、カーステレオで音声を聞くスタイルだ。日本ではあまり見られなくなったが、1つのシアターで5つ以上のスクリーンを持つところもある。

ウエスト・ウインド・ドライブ・インのウェブサイト
ウエスト・ウインド・ドライブ・インのウェブサイト

 カリフォルニア北部の州都サクラメント市。ドライブインシアターの「ウエスト・ウインド・ドライブ・イン」はロックダウン(都市封鎖)後に、いったん閉鎖したが営業を再開した。同シアターのフェイスブックページにはロックダウン後、営業について尋ねるコメントが数多く寄せられている。1つの投稿に50件や80件、顧客のコメントがつく場合もある。

 ドライブインシアターは車の中から映画を見るので、スーパーへ買い物に行くのに比べても感染のリスクが低いと考えられる。独自の感染回避に向けた対策を定め、ウェブサイトに掲載するなどして顧客に徹底を求めている。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>

「第2回ディープラーニングビジネス活用アワード」応募受付中

「第2回ディープラーニングビジネス活用アワード」応募受付中
 ディープラーニングを活用した優れたプロジェクトを表彰する「第2回ディープラーニングビジネス活用アワード」の応募を受け付け中です。企業の持続的な成長に必要なデジタルトランスフォーメーション(DX)のカギを握るものの1つがAI(人工知能)、そして精度向上が著しいディープラーニングの活用です。PoC(概念実証)の谷を乗り越え、ディープラーニングで新たな事業を生み出した取り組みや産業・社会的なインパクトの大きな取り組みを表彰することで、ディープラーニングのビジネス活用を加速することを目指しています。

 本アワードは、企業のプロジェクト単位の活動が対象です。ディープラーニングを使って売り上げ増を達成したり、コロナ対策やSDGs(持続可能な開発目標)貢献など社会課題を解決するなど、「産業・社会的なインパクト」があるか、アルゴリズムやデータの「先進・独自性」があるか、一般に活用が遅れている分野へ適用する「チャレンジ度」があるかの3点で評価します。
詳細は、こちらをご確認ください。
あなたのプロジェクトのエントリーをお待ちしております。