米アマゾン・ドット・コムは2020年3月9日、レジなし店舗の「Amazon Go」のシステムを外販することを明らかにした。顧客はクレジットカードをかざして入店し、商品をつかんだり、ショッピングバッグに入れたりして退店するだけでいい。コンビニエンスストアのような業態から導入されていくものとみられる。

アマゾンによる「Just Walk Out」の説明ページ
アマゾンによる「Just Walk Out」の説明ページ

 「Just Walk Out」として外部の小売業にサービスを販売していく。既存の店舗に数週間で導入できるという。

 Amazon Goではスマートフォンの専用アプリを利用して入場するが、Just Walk Outではクレジットカードをかざして入店。顧客が商品をつかむとその情報を仮想的なカートに入れて、クレジットカードとひも付けて積算していく仕組みだという。

Amazon Goはスマホで入場する(米シアトルのAmazon Go Grocery)
Amazon Goはスマホで入場する(米シアトルのAmazon Go Grocery)

 Amazon Goの入り口では、顧客に対して専用アプリのダウンロード方法を説明する従業員がいることが多い。外販するにあたり、クレジットカードを活用することでそうした手間を省いた。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>

「第2回ディープラーニングビジネス活用アワード」応募受付中

「第2回ディープラーニングビジネス活用アワード」応募受付中
 ディープラーニングを活用した優れたプロジェクトを表彰する「第2回ディープラーニングビジネス活用アワード」の応募を受け付け中です。企業の持続的な成長に必要なデジタルトランスフォーメーション(DX)のカギを握るものの1つがAI(人工知能)、そして精度向上が著しいディープラーニングの活用です。PoC(概念実証)の谷を乗り越え、ディープラーニングで新たな事業を生み出した取り組みや産業・社会的なインパクトの大きな取り組みを表彰することで、ディープラーニングのビジネス活用を加速することを目指しています。

 本アワードは、企業のプロジェクト単位の活動が対象です。ディープラーニングを使って売り上げ増を達成したり、コロナ対策やSDGs(持続可能な開発目標)貢献など社会課題を解決するなど、「産業・社会的なインパクト」があるか、アルゴリズムやデータの「先進・独自性」があるか、一般に活用が遅れている分野へ適用する「チャレンジ度」があるかの3点で評価します。
詳細は、こちらをご確認ください。
あなたのプロジェクトのエントリーをお待ちしております。