米アマゾン・ドット・コムは2020年3月9日、レジなし店舗の「Amazon Go」のシステムを外販することを明らかにした。顧客はクレジットカードをかざして入店し、商品をつかんだり、ショッピングバッグに入れたりして退店するだけでいい。コンビニエンスストアのような業態から導入されていくものとみられる。

アマゾンによる「Just Walk Out」の説明ページ
アマゾンによる「Just Walk Out」の説明ページ

 「Just Walk Out」として外部の小売業にサービスを販売していく。既存の店舗に数週間で導入できるという。

 Amazon Goではスマートフォンの専用アプリを利用して入場するが、Just Walk Outではクレジットカードをかざして入店。顧客が商品をつかむとその情報を仮想的なカートに入れて、クレジットカードとひも付けて積算していく仕組みだという。

Amazon Goはスマホで入場する(米シアトルのAmazon Go Grocery)
Amazon Goはスマホで入場する(米シアトルのAmazon Go Grocery)

 Amazon Goの入り口では、顧客に対して専用アプリのダウンロード方法を説明する従業員がいることが多い。外販するにあたり、クレジットカードを活用することでそうした手間を省いた。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>

【新刊予約受付中】
専門レポート『マーケティングDX最新戦略』

顧客に適時に適切な方法で売り込み、顧客に寄り添ってカスタマーサクセスを実現するにはどうすべきか。マーケティング×DXの戦略立案、実行に必要な打ち手がここに。
日経クロストレンド編集部、日経BPシリコンバレー支局、20人以上の専門家が執筆。600ページ以上に、国内100社、海外50社、1234のマーケテックソリューション一覧、打ち手を見つけられるマーケティングDXマップなどを掲載。
日経BPのマーケティングDX最新戦略サイトへ