韓国サムスン電子は2020年2月11日(現地時間)、米サンフランシスコにて開催した新製品発表会で、有機ELディスプレーを備えた折り畳みスマートフォンの新型機「Galaxy Z Flip」を発表した。ガラケーのような縦開きの端末が特徴だ。デジタル処理を合わせて100倍ズームのカメラ機能を搭載した5G端末も投入する。

折り畳みスマホの新型「Galaxy Z Flip」2020年2月14日に1380米ドルで発売する
折り畳みスマホの新型「Galaxy Z Flip」2020年2月14日に1380米ドルで発売する

 Galaxy Z Flipは縦開きのスマートフォンであり、2020年2月14日に発売する。2019年に発売した折り畳みスマホ「Galaxy Fold」は横開き、すなわちディスプレーの長辺側がヒンジとなって折り畳んだり、開いたりする仕様だった。価格は今回のZ Flipが1380米ドルに対して、Foldは600ドル高い、1980米ドルである。

 サムスンは、2019年10月の開発者イベント「Samsung Developer Conference 2019」で、縦開き型を開発中だと明らかにしていた。それを正式に製品化したかたちである。

 Foldは、レビュー端末のヒンジ部分などで不具合が続出したことから、発売が延期になったというサムスン電子にとって「苦い経験」がある。そのためか発表会では、高い屈曲特性とヒンジ部分の改良点をアピールしていた。例えば屈曲耐性に優れた薄型ガラスを採用。20万回の屈曲にも耐えられるという。この回数は、Foldと同等である。

ヒンジ内部のブラシで微細ゴミを排除

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>