スタートアップのハードウエアばかりを集めた「b8ta(ベータ)」が、シリコンバレーの中心地パロアルトに旗艦店をオープンさせた。従来の店舗を移転して新装開店し、多くの商品を体験したり、開発者とふれ合えるようにしたりした。パロアルトでは老舗の大型家電量販店が閉店するなど、リアル店舗の世代交代が起こっている。

パロアルトに新装開店したb8taの店舗。大通りに移転し、3倍の面積になった
パロアルトに新装開店したb8taの店舗。大通りに移転し、3倍の面積になった

 「全米に23店舗あるb8taの旗艦店の一つとして、来てもらった顧客にこれまで以上に製品を体験してもらえるようになった」

 b8taパロアルト店のジャスティン・ヤング ゼネラルマネージャーは新店舗のコンセプトについてこう説明する。

パロアルトに新装開店した「b8ta(ベータ)」の店内
パロアルトに新装開店した「b8ta(ベータ)」の店内

 b8taは店舗を持たないハードウエアを中心としたスタートアップが実際に製品を展示して、販売できるスペースを提供。店内のカメラで顧客がどの製品に興味を持ったのかを把握している。スタートアップ側はインターネット経由で客の反応を把握したり、価格を変更したりできる。基本的に出展料として月額で課金し、販売数量に応じたコストはかからない。在庫もb8ta側で管理する。製品さえあれば容易に販売を始められることから「リテール・アズ・ア・サービス」を掲げている。

 今回、スタンフォード大学のお膝元であるパロアルトのダウンタウンメイン通りに新店舗をオープンした。これまではメイン通りから1本入ったところに店を構えていた。

女性向け製品の展示スペースも用意した
女性向け製品の展示スペースも用意した

 新しい店舗は従来に比べて、3倍の面積、2倍の商品数を展示している。

 商品はガジェット系エレクトロニクスや電動ボードなどが中心だが、寝具や、調理器具など、ジャンルはバラエティーに富んでいる。化粧品、衣服やかばんなど女性向けの製品を展示するコーナーも用意した。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>

「第2回ディープラーニングビジネス活用アワード」応募受付中

「第2回ディープラーニングビジネス活用アワード」応募受付中
 ディープラーニングを活用した優れたプロジェクトを表彰する「第2回ディープラーニングビジネス活用アワード」の応募を受け付け中です。企業の持続的な成長に必要なデジタルトランスフォーメーション(DX)のカギを握るものの1つがAI(人工知能)、そして精度向上が著しいディープラーニングの活用です。PoC(概念実証)の谷を乗り越え、ディープラーニングで新たな事業を生み出した取り組みや産業・社会的なインパクトの大きな取り組みを表彰することで、ディープラーニングのビジネス活用を加速することを目指しています。

 本アワードは、企業のプロジェクト単位の活動が対象です。ディープラーニングを使って売り上げ増を達成したり、コロナ対策やSDGs(持続可能な開発目標)貢献など社会課題を解決するなど、「産業・社会的なインパクト」があるか、アルゴリズムやデータの「先進・独自性」があるか、一般に活用が遅れている分野へ適用する「チャレンジ度」があるかの3点で評価します。
詳細は、こちらをご確認ください。
あなたのプロジェクトのエントリーをお待ちしております。