米グーグルは米国時間の2020年1月13日、リテールテクノロジー会社のポインティを買収すると発表した。実店舗を持つ小売事業者が店頭在庫をオンラインで販売するのを支援するハードウエアとプラットフォームを提供している。グーグルは中小事業者向けのソリューションに位置づけて提供していく。

ポインティの提供する在庫情報管理用のハード「Pointy Box」
ポインティの提供する在庫情報管理用のハード「Pointy Box」

 ポインティはアイルランドのダブリンに本社を置くスタートアップで、米国とアイルランドでサービスを展開してきた。特徴は商品情報を容易に管理できるハードウエアを提供し、いわばブリック・アンド・モルタルのローカル店舗をオムニチャネルで支援するビジネスモデルだ。

 「Pointy Box」と呼ぶ小さな箱をPOS(販売時点情報管理)とバーコードスキャナーの間に装着することで、商品の情報を読み取って、ポインティの管理サービスに送信。その情報を基にグーグル検索の結果に店舗の在庫情報を表示できる。実際の店舗の在庫数を消費者に公開することになる。

 世界中の情報を整理し検索で提供するのが目的のグーグルにとって、オフラインのリアル店舗の在庫の動きは、貴重な情報となる。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>

書籍「AIゲームチェンジャー シリコンバレーの次はシアトルだ」を発行
日経クロストレンドは、AI活用で注目を浴びるシアトルのテクノロジー企業、スタートアップについて徹底解説した書籍を発行しました。AIエコシステムはどのように成り立っているのか。日本企業はシアトルのリソースをどう利用すべきか。米国駐在の現地記者とマイクロソフト出身のシアトル・ベンチャーキャピタリストが明らかにします。巻末には、シアトルエリアのAI、IoTスタートアップの注目50社リストも付属しています。
[アマゾンで購入する]