米国で2019年の小売店の閉鎖数見通しが過去最高となった。女性向けカジュアル服のフォーエバー21は破産法の適用を申請するなど、全米で9000店舗以上が閉められる予定だ。不動産業など他業界への波及も懸念され始めている。

 米調査会社コアサイト・リサーチの調査によると、2019年にこれまでで9300店舗の閉鎖がアナウンスされた。これは2018年の5844店舗を5割以上上回り、過去最高の2017年を超えて最大になるという。

ペイレス・シューソースが撤退した店舗(カナダ・バンクーバー)
ペイレス・シューソースが撤退した店舗(カナダ・バンクーバー)

 なかでも規模が大きかったのは、靴のディスカウントストアの米ペイレス・シューソースで、北米を中心に2000店舗以上を閉鎖した。

 日本の業界関係者にとっては、国内にも店舗を展開する女性カジュアル服を製造・販売する米フォーエバー21破綻の衝撃が大きかっただろう。2019年9月に米連邦破産法11条(チャプター11)の適用を申請。経営再建のため、約200店舗の閉鎖に向けてセールを行った。

 米国では2019年2月にシャーロット・ルッセという老舗の大手女性カジュアル服の製造・販売会社が破綻した。ショッピングモールを中心に出店しており、そこに攻め込んできたフォーエバー21やスウェーデンのファストファッション大手、H&Mなどの影響が顕著だった。しかしそのフォーエバー21も倒れた。米国のカジュアルファッションの生存競争の厳しさを物語る。

店舗閉鎖に向けセールを行うフォーエバー21の店舗。米サンフランシスコ市の大型店「XXI Forever」
店舗閉鎖に向けセールを行うフォーエバー21の店舗。米サンフランシスコ市の大型店「XXI Forever」
有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>

「第2回ディープラーニングビジネス活用アワード」応募受付中

「第2回ディープラーニングビジネス活用アワード」応募受付中
 ディープラーニングを活用した優れたプロジェクトを表彰する「第2回ディープラーニングビジネス活用アワード」の応募を受け付け中です。企業の持続的な成長に必要なデジタルトランスフォーメーション(DX)のカギを握るものの1つがAI(人工知能)、そして精度向上が著しいディープラーニングの活用です。PoC(概念実証)の谷を乗り越え、ディープラーニングで新たな事業を生み出した取り組みや産業・社会的なインパクトの大きな取り組みを表彰することで、ディープラーニングのビジネス活用を加速することを目指しています。

 本アワードは、企業のプロジェクト単位の活動が対象です。ディープラーニングを使って売り上げ増を達成したり、コロナ対策やSDGs(持続可能な開発目標)貢献など社会課題を解決するなど、「産業・社会的なインパクト」があるか、アルゴリズムやデータの「先進・独自性」があるか、一般に活用が遅れている分野へ適用する「チャレンジ度」があるかの3点で評価します。
詳細は、こちらをご確認ください。
あなたのプロジェクトのエントリーをお待ちしております。