米ウォルマートは店舗におけるAI(人工知能)の活用を加速している。カート内の商品を追跡し、レジでスキャンしないで退店する顧客に警告する。万引きだけでなく、レジの従業員による商品のスキャンし忘れへの対策にもなる。

米ウォルマートの店舗内(写真/Shutterstock)
米ウォルマートの店舗内(写真/Shutterstock)

 このシステムは「Missed Scan Detection」という名称で呼ばれており、2017年から試験を始めた。米ビジネスインサイダーが2019年6月20日に報じた。一定の効果が認められ、現在は全米の4分の1に当たる約1000店舗で導入しているという。

 ビジネスインサイダーによると、店舗内のレジ周辺に画像認識用のAIカメラを導入し、従業員操作とセルフの両方のタイプのレジをチェックする。カート内にある商品と、レジで会計された結果を照合。万引きや客の不注意による登録漏れだけでなく、従業員による商品のスキャンし忘れもカバーしている。

 Missed Scan Detectionはレジでの会計に問題がありそうな顧客を特定し、出口の従業員に警告を送る仕組みだという。ウォルマートなど米国の大手スーパーでは、店舗の出口で従業員がレシートとカートの商品の目視によるチェックを行っており、その精度を高めるのが目的だ。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>

「第2回ディープラーニングビジネス活用アワード」応募受付中

「第2回ディープラーニングビジネス活用アワード」応募受付中
 ディープラーニングを活用した優れたプロジェクトを表彰する「第2回ディープラーニングビジネス活用アワード」の応募を受け付け中です。企業の持続的な成長に必要なデジタルトランスフォーメーション(DX)のカギを握るものの1つがAI(人工知能)、そして精度向上が著しいディープラーニングの活用です。PoC(概念実証)の谷を乗り越え、ディープラーニングで新たな事業を生み出した取り組みや産業・社会的なインパクトの大きな取り組みを表彰することで、ディープラーニングのビジネス活用を加速することを目指しています。

 本アワードは、企業のプロジェクト単位の活動が対象です。ディープラーニングを使って売り上げ増を達成したり、コロナ対策やSDGs(持続可能な開発目標)貢献など社会課題を解決するなど、「産業・社会的なインパクト」があるか、アルゴリズムやデータの「先進・独自性」があるか、一般に活用が遅れている分野へ適用する「チャレンジ度」があるかの3点で評価します。
詳細は、こちらをご確認ください。
あなたのプロジェクトのエントリーをお待ちしております。