米ウーバーテクノロジーズは、フードデリバリーサービスの「Uber Eats」において、都市部でのドローンによる配達の商用化に向けた実証試験を米サンディエゴで実施する。ファストフードチェーンの米マクドナルドと提携し、配達実験を実施。配達用のクルマとの連携で顧客のカバー率を上げる戦略だ。

ウーバーのフードデリバリーと電動飛行機、マクドナルドが連携した(出所/ウーバー)
ウーバーのフードデリバリーと電動飛行機、マクドナルドが連携した(出所/ウーバー)

 ウーバーが2019年6月11日と12日、米ワシントンで開催した。カンファレンス「Uber Elevate Summit 2019」で公表した。規制当局と調整中のため、商用サービス開始の時期については触れなかった。

 ウーバーによれば、Uber Eatsは開始から3年以上が経過し、520超の都市でサービスを展開。22万を超えるレストランと提携している。Uber Eatsを担当するリズ・メイヤーダーク ビジネスデベロップメント・シニアディレクターによると、「Eatsを通じて注文された料理は2018年に80億ドル(約8800億円)に達した」という。

 このエコシステムをさらに拡大するため、ドローンによる配達の実現を狙う。

ドローンでリレーし30分を8分に短縮

マクドナルドとの実験映像(出所/ウーバー)
マクドナルドとの実験映像(出所/ウーバー)

 ドローンによるフードデリバリーの特徴は、短時間で配達できること。その分、温かな出来たての料理を届けられる。ウーバーによれば、配達時間(注文から注文者の手に届くまでの時間)は現在、平均30分ほど。例えば、サンディエゴの実験ではマクドナルドに注文すると、ドローンで配達することで8~10分にまで短縮できるという。

 ただ、「多くの顧客はドローンが宅配できるメールボックスや、パラシュートで届ける庭がない」(ウーバーのエレベート ヘッド・オブ・フライトオペレーションズのルーク・フィッシャー氏)というのが実態。

 そこでドローンのフードデリバリーでは、クルマとの連携を打ち出した。イベント会場の展示スペースに、そのモックアップと、着陸地点となる自動車を展示した。具体的な流れは以下の通りである。

配達車の上にドローンが着陸

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>

「第2回ディープラーニングビジネス活用アワード」応募受付中

「第2回ディープラーニングビジネス活用アワード」応募受付中
 ディープラーニングを活用した優れたプロジェクトを表彰する「第2回ディープラーニングビジネス活用アワード」の応募を受け付け中です。企業の持続的な成長に必要なデジタルトランスフォーメーション(DX)のカギを握るものの1つがAI(人工知能)、そして精度向上が著しいディープラーニングの活用です。PoC(概念実証)の谷を乗り越え、ディープラーニングで新たな事業を生み出した取り組みや産業・社会的なインパクトの大きな取り組みを表彰することで、ディープラーニングのビジネス活用を加速することを目指しています。

 本アワードは、企業のプロジェクト単位の活動が対象です。ディープラーニングを使って売り上げ増を達成したり、コロナ対策やSDGs(持続可能な開発目標)貢献など社会課題を解決するなど、「産業・社会的なインパクト」があるか、アルゴリズムやデータの「先進・独自性」があるか、一般に活用が遅れている分野へ適用する「チャレンジ度」があるかの3点で評価します。
詳細は、こちらをご確認ください。
あなたのプロジェクトのエントリーをお待ちしております。