米ライドシェア大手のウーバーテクノロジーズは2019年5月末、乗車時の態度が悪いなどの乗客に対して、一定の条件でサービスを利用できなくする方針を公表した。ウーバーは乗客とドライバーの相互評価でサービス品質を保っているが、これまでは評価の低いドライバーを排除する仕組みだった。

 「平均を大きく下回る乗客は、ウーバーへのアクセスをなくすかもしれない」

 今後は、乗車時にドライバーから受ける評価が極めて低い乗客は、アプリが利用できなくなる可能性がある。ウーバーは「影響を受ける乗客は、極めて少ない」としているが、サービス拒否の背景に関心が集まっている。

普通の乗客は★5つの最高評価

ウーバーのドライバーによる乗客の評価。アプリ内のメニューから確認できる
ウーバーのドライバーによる乗客の評価。アプリ内のメニューから確認できる

 ウーバーのドライバーと乗客は、降車後にアプリ上で5段階で互いを評価する。最高評価の★5つの場合は5.0、★4つの場合は4.0で、アプリにはそれらの平均が表示される。

 ウーバーに限らず、米国ではサービス内容に特に問題なければ★が5つの最高評価を付けるのが一般的。★が4つ以下の場合には何らかの問題があったと考えられる。ウーバーは今回、ゴミを車内に残したり、急ぐために制限速度以上での運転を強要したりすることを問題行為の一例として挙げている。

 同業のリフトの日本人運転手である吉元逸郎氏は下記のような判断基準を教えてくれた(あくまでも同氏の考えである)。


  • 普通のお客さんには5★★★★★
  • 2~3分以上待たされたら4★★★★☆)
  • ただし遅れたことをきちんと謝った場合は5★★★★★
  • 遅れて乗車したのに急がせたり、道順にあれこれ難癖を付けたりしたら3★★★☆☆)
  • 車内で激しく、いちゃつく若者などには2★★☆☆☆)
  • 酔って車中で嘔吐(おうと)するのは論外で1☆☆☆☆)

ドライバーは低評価で既に排除

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>

「第2回ディープラーニングビジネス活用アワード」応募受付中

「第2回ディープラーニングビジネス活用アワード」応募受付中
 ディープラーニングを活用した優れたプロジェクトを表彰する「第2回ディープラーニングビジネス活用アワード」の応募を受け付け中です。企業の持続的な成長に必要なデジタルトランスフォーメーション(DX)のカギを握るものの1つがAI(人工知能)、そして精度向上が著しいディープラーニングの活用です。PoC(概念実証)の谷を乗り越え、ディープラーニングで新たな事業を生み出した取り組みや産業・社会的なインパクトの大きな取り組みを表彰することで、ディープラーニングのビジネス活用を加速することを目指しています。

 本アワードは、企業のプロジェクト単位の活動が対象です。ディープラーニングを使って売り上げ増を達成したり、コロナ対策やSDGs(持続可能な開発目標)貢献など社会課題を解決するなど、「産業・社会的なインパクト」があるか、アルゴリズムやデータの「先進・独自性」があるか、一般に活用が遅れている分野へ適用する「チャレンジ度」があるかの3点で評価します。
詳細は、こちらをご確認ください。
あなたのプロジェクトのエントリーをお待ちしております。