米グーグルは2019年5月14日、旅行サービス「Google Travel」を始めた。航空券、宿泊などのサービスを統合した。Gmailの内容を基に旅程を一覧化したり、検索履歴などから旅行先を予測したりして、プランの作成や管理を支援する。米エクスペディアなどの予約サイト大手にとっては脅威となりそうだ。

「Google Travel」の画面。航空券、宿泊などのサービスを統合した
「Google Travel」の画面。航空券、宿泊などのサービスを統合した

 「我々の最大の競合はグーグルだ。インターネット上で多くの人が集まる場所を持っている」

 米予約サイト大手のエクスペディア・グループのマーク・オカストロムCEO(最高経営責任者)が言うように、グーグルが旅行業界で存在感を増している。

 まずはグーグルで検索して、旅行の行き先や料金のあたりをつけるという行動が一般化しているからだ。それに対して、航空券、宿泊などの予約サービスを別個に提供してきたが、今回のGoogle Travelはそれらを統合した。

 例えば、トップ画面で行き先として「Tokyo」を入れると、東京でのアクティビティ、航空券、宿泊、パッケージが一覧で表示される。

旅行の予約や検索などを管理する「Trips」
旅行の予約や検索などを管理する「Trips」

 目玉と言えるのが、旅行の予約や検索などを管理する「Trips」だ。

 グーグルのアカウントと連携し、Gmailに送られた宿泊やフライトなどさまざまな予約メールの内容を解釈。Tripsの画面上に一覧としてまとめてくれる。Googleカレンダーに差し込まれていた旅行予定を統合的に管理できるようにしたものと言える。各航空会社、エクスペディアやエアビーアンドビーなどの宿泊予約までカバーしている。出張などの精算の際にも、航空券や宿泊の領収書の情報を探しやすくなる。

 Google Travelで検索した航空券や宿泊は、エクスペディアなどの予約サイトや航空会社のサイトなどに移動して決済する。グーグルは手数料を得るビジネスモデルだ。エクスペディアなどの旅行サイトや航空会社にとっては直接予約よりも取り分が少なくなる。

検索履歴から旅行先推測

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>

「第2回ディープラーニングビジネス活用アワード」応募受付中

「第2回ディープラーニングビジネス活用アワード」応募受付中
 ディープラーニングを活用した優れたプロジェクトを表彰する「第2回ディープラーニングビジネス活用アワード」の応募を受け付け中です。企業の持続的な成長に必要なデジタルトランスフォーメーション(DX)のカギを握るものの1つがAI(人工知能)、そして精度向上が著しいディープラーニングの活用です。PoC(概念実証)の谷を乗り越え、ディープラーニングで新たな事業を生み出した取り組みや産業・社会的なインパクトの大きな取り組みを表彰することで、ディープラーニングのビジネス活用を加速することを目指しています。

 本アワードは、企業のプロジェクト単位の活動が対象です。ディープラーニングを使って売り上げ増を達成したり、コロナ対策やSDGs(持続可能な開発目標)貢献など社会課題を解決するなど、「産業・社会的なインパクト」があるか、アルゴリズムやデータの「先進・独自性」があるか、一般に活用が遅れている分野へ適用する「チャレンジ度」があるかの3点で評価します。
詳細は、こちらをご確認ください。
あなたのプロジェクトのエントリーをお待ちしております。