米アマゾン・ドット・コムは米サンフランシスコに市内で3番目となる店舗を開いた。店舗内の棚からどのように商品が取られたのかを検知するAI(人工知能)カメラを新たなものに入れ替えている可能性がある。

サンフランシスコの中心街に開いた、Amazon Goの市内3号店
サンフランシスコの中心街に開いた、Amazon Goの市内3号店

 2019年4月19日、サンフランシスコ市内中心部の高層ビルの1階に「575 Market店」として開店した。同市内で3号店のAmazon Goとなる。オフィス街であるが、観光客なども多いショッピングエリアでもある。東京で言えば、有楽町の駅前のようなイメージの場所だ。

 店舗形態としては日本のコンビニエンスストアと似ており、昨年末に開店したサンフランシスコの2号店と同様だ。朝昼晩とビジネスパーソンが目的に応じて所望の商品を短時間で探せるようにしている。金融街のビジネスパーソンに欠かせないと言われる頭痛薬も配置している。お土産に最適なボトルやカップも入ってすぐの「EXCLUSIVES」の棚に置かれている。

 2号店と変わりはないように見えるが、細かくチェックするといくつかの違いが分かる。

Amazon Goサンフランシスコ3号店の店内
Amazon Goサンフランシスコ3号店の店内

新たな天井カメラを導入か

 最も大きな点は、店内の顧客の動きを取得するためのセンサーだ。これまでの店舗では常温の通常棚は、棚の一番上の天板の裏に小型のカメラを設置していた。それが今回の3号店では確認できなかった。

 従来店舗にあった通常棚の小型カメラは通路の下の方を向いている。どの顧客が棚のどのあたりに手を伸ばしたのかを認識するためのものと思われる。3号店ではそれを省略した可能性がある。

 天井のカメラにも変化が見られる。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>

「第2回ディープラーニングビジネス活用アワード」応募受付中

「第2回ディープラーニングビジネス活用アワード」応募受付中
 ディープラーニングを活用した優れたプロジェクトを表彰する「第2回ディープラーニングビジネス活用アワード」の応募を受け付け中です。企業の持続的な成長に必要なデジタルトランスフォーメーション(DX)のカギを握るものの1つがAI(人工知能)、そして精度向上が著しいディープラーニングの活用です。PoC(概念実証)の谷を乗り越え、ディープラーニングで新たな事業を生み出した取り組みや産業・社会的なインパクトの大きな取り組みを表彰することで、ディープラーニングのビジネス活用を加速することを目指しています。

 本アワードは、企業のプロジェクト単位の活動が対象です。ディープラーニングを使って売り上げ増を達成したり、コロナ対策やSDGs(持続可能な開発目標)貢献など社会課題を解決するなど、「産業・社会的なインパクト」があるか、アルゴリズムやデータの「先進・独自性」があるか、一般に活用が遅れている分野へ適用する「チャレンジ度」があるかの3点で評価します。
詳細は、こちらをご確認ください。
あなたのプロジェクトのエントリーをお待ちしております。