米テスラは2019年4月22日、完全自動運転の「ロボタクシー」の構想を発表した。テスラがアプリを提供し、所有者がクルマを貸し出して副収入を得られる。早ければ2020年に実用化する予定だという。完全自動運転を可能にする半導体の発表と同時に明らかにした。

ロボタクシーの構想を発表するテスラのイーロン・マスクCEO(同社の配信画像より)
ロボタクシーの構想を発表するテスラのイーロン・マスクCEO(同社の配信画像より)

 米テスラのイーロン・マスクCEO自らがアナリストなど向けに説明し、ストリーミングでその模様を放映した。

 技術担当の幹部が完全自動運転が可能な半導体を披露した後に、マスクCEOが登壇。自動運転が可能な「ロボタクシー」についての説明を始めた。規制などの問題がクリアできれば20年にも利用できるようになるという。

完全自動運転のEVでコスト10分の1以下に

ロボタクシーとライドシェアリングなどのコスト比較(同社の配信画像より)
ロボタクシーとライドシェアリングなどのコスト比較(同社の配信画像より)

 マスクCEOはロボタクシーについて、運用コストが低いことを強調した。具体的には1マイル当たり0.18ドルで運行できるとした。電気で駆動するEVで、ドライバーも不要なことからコストを引き下げられる。現在のライドシェアリング1マイル当たり2~3ドルだという。

ロボタクシー1台の収入試算(同社の配信画像より)
ロボタクシー1台の収入試算(同社の配信画像より)

 年間9万マイル走行し、1年間で1台当たり3万ドルの粗利が得られるとした。車両の寿命は11年と想定している。約100万マイル走行する計算だ。

 マスクCEOはロボタクシーを利用し、テスラ車のオーナーがクルマを知人などにシェアできる「TESLA NETWORK」を明らかにした。テスラ側にも手数料が入ってくる。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>

「第2回ディープラーニングビジネス活用アワード」応募受付中

「第2回ディープラーニングビジネス活用アワード」応募受付中
 ディープラーニングを活用した優れたプロジェクトを表彰する「第2回ディープラーニングビジネス活用アワード」の応募を受け付け中です。企業の持続的な成長に必要なデジタルトランスフォーメーション(DX)のカギを握るものの1つがAI(人工知能)、そして精度向上が著しいディープラーニングの活用です。PoC(概念実証)の谷を乗り越え、ディープラーニングで新たな事業を生み出した取り組みや産業・社会的なインパクトの大きな取り組みを表彰することで、ディープラーニングのビジネス活用を加速することを目指しています。

 本アワードは、企業のプロジェクト単位の活動が対象です。ディープラーニングを使って売り上げ増を達成したり、コロナ対策やSDGs(持続可能な開発目標)貢献など社会課題を解決するなど、「産業・社会的なインパクト」があるか、アルゴリズムやデータの「先進・独自性」があるか、一般に活用が遅れている分野へ適用する「チャレンジ度」があるかの3点で評価します。
詳細は、こちらをご確認ください。
あなたのプロジェクトのエントリーをお待ちしております。