ライドシェア大手の米ウーバーテクノロジーズはサービスメニューやアプリのインターフェースを頻繁に変更している。4月にかけて刷新したのが、顧客が最初に目にする注文画面だ。より高価なサービスを提示して売り上げを引き上げたり、配車効率を改善したりする狙いがあると考えられる。

ウーバーは顧客に提示するメニューを大幅に変えた
ウーバーは顧客に提示するメニューを大幅に変えた

 ウーバーは2018年に入って都市部で、乗客が乗降時に1~3ブロック程度歩く「UberPool Express」を提供してきた。ドライバーの都合がいい場所まで移動することで割引額を拡大するものだ。それを今回、複数人と同乗する「UberPool」に一本化した。

 まず乗客がアプリを開くと標準サービスの「UberX」、UberPool、そして高級車の「Select」の選択肢が提示されるようになった。従来はSelectでなくExpressが表示されていた。

 ここでUberPoolを選ぶと、次の画面でExpressのように乗降時に歩くことで数ドル程度のお得になりますよという文言が表示される。つまり同乗型のUberPoolに一本化され、そのうえで乗り場まで歩くかどうかを判断するようになったのだ。

Poolのサービスに歩くオプションを設けた。歩くオプションのみを提供する場合もある
Poolのサービスに歩くオプションを設けた。歩くオプションのみを提供する場合もある

 例えば、シアトルの空港から市内まで標準のXは35.39ドルだが、乗り合いのPoolは20.80ドル。そして歩かされるExpressに相当するサービスを、5.43ドル安い15.37ドルで選択できるようになっている。時間帯によってはExpressに相当する徒歩がある選択肢のみをPoolとして提示する。

 つまり1年間のExpressの試行を経て、乗り合いサービスをPoolに1本化したと言える。米サンフランシスコなど渋滞が激しい都市で、時間帯や場所によってPoolを歩かせるオプションのみで提供。配車や乗車までの時間を短縮できる。

 実際、筆者がサンフランシスコや米シアトルでPoolを利用したところ、「指定の乗り場所まで歩く」がPoolのデフォルトになっているケースが多かった。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>

「第2回ディープラーニングビジネス活用アワード」応募受付中

「第2回ディープラーニングビジネス活用アワード」応募受付中
 ディープラーニングを活用した優れたプロジェクトを表彰する「第2回ディープラーニングビジネス活用アワード」の応募を受け付け中です。企業の持続的な成長に必要なデジタルトランスフォーメーション(DX)のカギを握るものの1つがAI(人工知能)、そして精度向上が著しいディープラーニングの活用です。PoC(概念実証)の谷を乗り越え、ディープラーニングで新たな事業を生み出した取り組みや産業・社会的なインパクトの大きな取り組みを表彰することで、ディープラーニングのビジネス活用を加速することを目指しています。

 本アワードは、企業のプロジェクト単位の活動が対象です。ディープラーニングを使って売り上げ増を達成したり、コロナ対策やSDGs(持続可能な開発目標)貢献など社会課題を解決するなど、「産業・社会的なインパクト」があるか、アルゴリズムやデータの「先進・独自性」があるか、一般に活用が遅れている分野へ適用する「チャレンジ度」があるかの3点で評価します。
詳細は、こちらをご確認ください。
あなたのプロジェクトのエントリーをお待ちしております。