ソニーが人工知能(AI)を活用した「フードテック」への取り組みを始めている。ロボットやAIと人間が協働し、食の新たな可能性を見いだすのが狙いだ。米テキサス州オースティンで開催したSXSW(サウス・バイ・サウス・ウエスト)の会場で、ソニーコンピュータサイエンス研究所社長でソニー執行役員の北野宏明氏に聞いた。

ソニーコンピュータサイエンス研究所社長でソニー執行役員の北野宏明氏(SXSWの特設ブース前で)
ソニーコンピュータサイエンス研究所社長でソニー執行役員の北野宏明氏(SXSWの特設ブース前で)

 北野氏は「クッキングをどう本格的に進めていくのかは決めていないが、(ビジネスとしての)ポテンシャルはある」と話す。

 ただ大手家電メーカーのように、キッチン関連の家電を売るということではないようだ。「確かにソニーは今はキッチンに入り込んではいない。(大手電機メーカーのように)調理器具を提供するのとは全く違うアプローチを考えている」と北野氏は明かす。

カーネギーメロン大と「AI×料理」

 北野氏がSXSWが開催されているオースティンの前に訪れたのが、米ペンシルベニア州ピッツバーグにあるカーネギーメロン大学(CMU)だ。

 ソニーは2018年から、CMUと人工知能(AI)やロボットを活用したフードテックのプロジェクトを進めている。その進み具合をレビューするのが目的だ。「ロボットで人手不足を補うというのもあるが、食のサイエンスを追究していきたい」(北野氏)として、調理とデリバリー(配達)に絞ってプロジェクトを推進している。

ソニーがYouTubeで流している、「AI×ロボティクス×クッキング」のワンシーン。人と同じ方法で調理するように指示している
ソニーがYouTubeで流している、「AI×ロボティクス×クッキング」のワンシーン。人と同じ方法で調理するように指示している

 実際、食の世界はサイエンスが深く関わっている。「料理は、味を構成する要素にどのような分子があり、どう掛け合わせて、どのような温度で調理するのかというサイエンスの世界だ。(脳がどのように認知するのかという)ニューロサイエンスも関係してくる」(北野氏)。

 フードはソニーにとって、復活の立役者となった映画・音楽などのコンテンツやゲームと同じ勝ちパターンを描ける分野かもしれない。「クッキングは絶対になくならないエンターテインメントだ」と北野氏は話す。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>

「第2回ディープラーニングビジネス活用アワード」応募受付中

「第2回ディープラーニングビジネス活用アワード」応募受付中
 ディープラーニングを活用した優れたプロジェクトを表彰する「第2回ディープラーニングビジネス活用アワード」の応募を受け付け中です。企業の持続的な成長に必要なデジタルトランスフォーメーション(DX)のカギを握るものの1つがAI(人工知能)、そして精度向上が著しいディープラーニングの活用です。PoC(概念実証)の谷を乗り越え、ディープラーニングで新たな事業を生み出した取り組みや産業・社会的なインパクトの大きな取り組みを表彰することで、ディープラーニングのビジネス活用を加速することを目指しています。

 本アワードは、企業のプロジェクト単位の活動が対象です。ディープラーニングを使って売り上げ増を達成したり、コロナ対策やSDGs(持続可能な開発目標)貢献など社会課題を解決するなど、「産業・社会的なインパクト」があるか、アルゴリズムやデータの「先進・独自性」があるか、一般に活用が遅れている分野へ適用する「チャレンジ度」があるかの3点で評価します。
詳細は、こちらをご確認ください。
あなたのプロジェクトのエントリーをお待ちしております。