米アマゾン・ドット・コムがリアル店舗での攻勢を強めている。傘下の高級スーパー、ホールフーズ・マーケットで販売している商品の価格を引き下げる。ホールフーズとは別の低価格なスーパーも展開するほか、レジなし店舗のAmazon Goも積極的に出店している。

米テキサス州オースティンにあるホールフーズの本店
米テキサス州オースティンにあるホールフーズの本店

 米ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)によると、野菜や肉など数百種類の商品を平均2割値下げする。ホールフーズは高級スーパーであり、全体的に商品の価格が高いため、「ホールペイチェック(給料の大半を持っていかれる)」と皮肉られることもある。こうした高いというイメージを払拭する狙いがある。

 アマゾンの会員サービスである「プライム」のメンバーが思ったよりもホールフーズで買い物をしていないのも値下げの理由だ。プライム会員向けの割引サービスを提供しているが、想定通りには利用されていないようだ。プライムのメンバーはアマゾンのヘビーユーザーでもあり、価格にセンシティブである。高値のイメージのホールフーズを敬遠しているのだろう。

ホールフーズ本店の入り口。プライム会員は割引きが受けられる旨を掲示している
ホールフーズ本店の入り口。プライム会員は割引きが受けられる旨を掲示している

 そうなると、アマゾンにとって、オンラインとオフラインの両方で顧客のデータを入手して活用していくというシナリオが成り立たない。そこで毎日の購買する野菜や肉などの値下げに乗り出したものと思われる。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>

「第2回ディープラーニングビジネス活用アワード」応募受付中

「第2回ディープラーニングビジネス活用アワード」応募受付中
 ディープラーニングを活用した優れたプロジェクトを表彰する「第2回ディープラーニングビジネス活用アワード」の応募を受け付け中です。企業の持続的な成長に必要なデジタルトランスフォーメーション(DX)のカギを握るものの1つがAI(人工知能)、そして精度向上が著しいディープラーニングの活用です。PoC(概念実証)の谷を乗り越え、ディープラーニングで新たな事業を生み出した取り組みや産業・社会的なインパクトの大きな取り組みを表彰することで、ディープラーニングのビジネス活用を加速することを目指しています。

 本アワードは、企業のプロジェクト単位の活動が対象です。ディープラーニングを使って売り上げ増を達成したり、コロナ対策やSDGs(持続可能な開発目標)貢献など社会課題を解決するなど、「産業・社会的なインパクト」があるか、アルゴリズムやデータの「先進・独自性」があるか、一般に活用が遅れている分野へ適用する「チャレンジ度」があるかの3点で評価します。
詳細は、こちらをご確認ください。
あなたのプロジェクトのエントリーをお待ちしております。