1つの樹木に別種の複数の果物の実をつける。魔法のようなことが現実のものとなっている。それを実現するのがタバコの木だ。名古屋大学発のベンチャー企業グランドグリーン(名古屋市)が、米テキサス州オースティンで開催したSXSW(サウス・バイ・サウス・ウエスト)に展示した。

タバコで接ぎ木した植物。シダの木にバラを接ぎ木するなどしている
タバコで接ぎ木した植物。シダの木にバラを接ぎ木するなどしている

 実現のコア技術が、盆栽などで一般的な「接ぎ木」である。

 異なる種の木をつないでも同化して、水分と栄養素がしっかりと運ばれて、みかんなどでは実がなることが確認されている。この異種の木をつなぐための仲介役となっているのがタバコの木である。

 およそ4年前にこの仕組みを発見した。グランドグリーン共同創業者・取締役の本多正俊志氏は「詳しい理由は分かっていない面もあるが、タバコの木は様々な種の植物から拒絶されることなく接ぎ木ができる」と説明する。タバコの木や相手の木の種類によっては相性がある場合があるが、基本的には従来の接ぎ木の手法で接合できるという。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>

「第2回ディープラーニングビジネス活用アワード」応募受付中

「第2回ディープラーニングビジネス活用アワード」応募受付中
 ディープラーニングを活用した優れたプロジェクトを表彰する「第2回ディープラーニングビジネス活用アワード」の応募を受け付け中です。企業の持続的な成長に必要なデジタルトランスフォーメーション(DX)のカギを握るものの1つがAI(人工知能)、そして精度向上が著しいディープラーニングの活用です。PoC(概念実証)の谷を乗り越え、ディープラーニングで新たな事業を生み出した取り組みや産業・社会的なインパクトの大きな取り組みを表彰することで、ディープラーニングのビジネス活用を加速することを目指しています。

 本アワードは、企業のプロジェクト単位の活動が対象です。ディープラーニングを使って売り上げ増を達成したり、コロナ対策やSDGs(持続可能な開発目標)貢献など社会課題を解決するなど、「産業・社会的なインパクト」があるか、アルゴリズムやデータの「先進・独自性」があるか、一般に活用が遅れている分野へ適用する「チャレンジ度」があるかの3点で評価します。
詳細は、こちらをご確認ください。
あなたのプロジェクトのエントリーをお待ちしております。