米シアトルにある、アマゾン・ドット・コム本社には、“秘密”のスペースがある。高級マンションの1室を模した空間に、27種類ものAI(人工知能)音声アシスタントであるAlexa対応のデバイスが置かれている。AIに囲まれた近未来の生活はどうなるのか。一端を感じることができた半面、発展途上であることも分かった。

アマゾン本社の30階にある「DAY1 HOME LAB」
アマゾン本社の30階にある「DAY1 HOME LAB」

 シアトルのダウンタウンにある、DAY1と呼ばれるアマゾンの本社ビル群の1つ。その30階にある「DAY1 HOME LAB」の扉を開くと、約150平方メートルの高級マンションの一室が現れた。

 「ここで、パートナー企業がAlexaデバイスの動作を試す他、ユーザーに生活シーンを想定して実際に利用してもらい、反応を見るリサーチにも使っています」

 アマゾン アレクサチームのトラヴィス・オーストメイヤー テクニカルマネジャーはこう説明してくれた。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>

書籍「AIゲームチェンジャー シリコンバレーの次はシアトルだ」を発行
日経クロストレンドは、AI活用で注目を浴びるシアトルのテクノロジー企業、スタートアップについて徹底解説した書籍を発行しました。AIエコシステムはどのように成り立っているのか。日本企業はシアトルのリソースをどう利用すべきか。米国駐在の現地記者とマイクロソフト出身のシアトル・ベンチャーキャピタリストが明らかにします。巻末には、シアトルエリアのAI、IoTスタートアップの注目50社リストも付属しています。
[アマゾンで購入する]