米国で、食に関連したテクノロジーの応用である「フードテック」や高度化したキッチンである「スマートキッチン」が、コンシューマ市場の新たなキーワードになりつつある。2019年1月、米ラスベガスで開催された「CES 2019」でも注目を集めていた。日本の家電業界が参考にすべき点は多い。

約50社のフードテックスタートアップがCES会場の近くで製品やサービスを披露した
約50社のフードテックスタートアップがCES会場の近くで製品やサービスを披露した

 報道向けのプレスデーである1月6日夜に開催された、スタートアップが中心のイベント。

 そこで多くの来場者で人垣ができていたのが、自動パン焼き機である。米ウィルキンソン・ベーキング・カンパニーがCESで初めて公開した「BreadBot」である。原材料の投入から、こねたり焼いたりする製造、陳列まで自動でこなし、1時間に10斤のパンを作ることができる。

自動パン焼き機の「BreadBot」

 BreadBotは食料品店への導入を想定しており、集客効果も抜群だという。同社は「その場で必要な数だけ製造することで、新鮮なパンを販売でき、パンの廃棄も減らすことができる。配送のトラックのエネルギーも削減可能だ」といった環境への貢献も強調する。

 豆類などを利用する代用肉の米インポッシブル・フーズは、食感などを改善した第2世代のパテをCESで発表した。

代用肉の米インポッシブル・フーズのパテを使ったハンバーガー
代用肉の米インポッシブル・フーズのパテを使ったハンバーガー

 インポッシブルは肉の分子レベルを研究し、大豆や小麦など植物由来の成分のみを利用して本物の肉に近い味や食感を実現することに取り組んでいる。今回、食感を改良し、第2世代に進化させた。CESの会場で実際に配っていたハンバーガーを食べてみたところ、豆腐のハンバーグのような食感だった第1世代に比べて、肉汁もリアルに再現されていると感じた。

 ウィルキンソンと同様にインポッシブルも環境への貢献を掲げる。肉牛を育てるには、大量の水や草が必要とされ、牛のげっぷが温室効果に影響を与えているとされるからだ。インポッシブルは1個の植物肉ハンバーガーによって、本物の牛肉を使う場合に比べて、75平方フィートの土地、バスタブの半分の水、18マイル(約29キロメートル)分のクルマの燃料消費を節約できるとしている。

 フードテックはおいしさを追求するのは当然だが、両社のように廃棄ロスの削減や環境保護など社会的意義を訴えるものも少なくない。消費者にとっても環境にやさしいということが購入のきっかけにもなる。