平成という時代
全10回

平成という時代

「平成」という時代が幕を閉じる。平成の約30年間に、社会、経済、文化などあらゆる分野で我々は大きな変化を経験した。この平成という時代を、デザインの視点から振り返ってみたい。デザインは人々の生活と密接につながり、世相を映し、そして次の時代をいち早く感じさせるもの。過去をあらためて知ることで、未来へのヒントが得られるはずだ。
  • 佐藤可士和氏が振り返る平成 デザインが経営戦略の一環となった
    第1回
    2019.01.28
    佐藤可士和氏が振り返る平成 デザインが経営戦略の一環となった
    平成という時代が幕を閉じる。プロダクト、グラフィック、デジタルなどさまざまな分野のデザイナー10人の目を通し、この30年間をデザインの視点で振り返る特集。第1回はクリエイティブディレクターの佐藤可士和氏。平成は、デザインが経営戦略の一環となった時代だと振り返る。
  • 博報堂・小杉氏 デジタルの進化こそがリアルを拡大する
    第2回
    2019.01.28
    博報堂・小杉氏 デジタルの進化こそがリアルを拡大する
    平成という時代が幕を閉じる。プロダクト、グラフィック、デジタルなどさまざまな分野のデザイナー10人の目を通し、この30年間をデザインの視点で振り返る特集。第2回は博報堂のクリエイティブディレクター、小杉幸一氏。デジタル技術がつくり出すリアリティーに着目する。
  • ライゾマティクス齋藤氏 平成の次に来るのは取捨選択と実践
    第3回
    2019.01.29
    ライゾマティクス齋藤氏 平成の次に来るのは取捨選択と実践
    平成という時代が幕を閉じる。プロダクト、グラフィック、デジタルなどさまざまな分野のデザイナー10人の目を通し、この30年間をデザインの視点で振り返る特集。第3回はライゾマティクスの齋藤精一氏。平成はソーシャルコミュニケーションのインフラ実験の時代だったという。
  • PARTY伊藤氏が振り返る平成 デジタル時代は2年たてば別物
    第4回
    2019.01.29
    PARTY伊藤氏が振り返る平成 デジタル時代は2年たてば別物
    平成という時代が幕を閉じる。プロダクト、グラフィック、デジタルなどさまざまな分野のデザイナー10人の目を通し、この30年間をデザインの視点で振り返る特集。第4回はクリエイティブラボ「PARTY」の伊藤直樹氏。平成を特徴付けたデジタル技術の影響は今後、5Gによりさらに強まると見る。
  • WOW高橋氏 平成はデジタルで地方から世界に展開できた
    第5回
    2019.01.30
    WOW高橋氏 平成はデジタルで地方から世界に展開できた
    平成という時代が幕を閉じる。プロダクト、グラフィック、デジタルなどさまざまな分野のデザイナー10人の目を通し、この30年間をデザインの視点で振り返る特集。第5回はWOWの高橋裕士氏。デジタルが異分野を融合させ、ビジネスチャンスが拡大する。それが平成という時代だったという。
  • 水野学氏 “網業革命”時代の新しいデザインとは
    第6回
    2019.01.30
    水野学氏 “網業革命”時代の新しいデザインとは
    平成という時代が幕を閉じる。プロダクト、グラフィック、デジタルなどさまざまな分野のデザイナー10人の目を通し、この30年間をデザインの視点で振り返る特集。第6回はクリエイティブディレクターの水野学氏。平成以降、企業にとって重要になったのがブランディングデザインだという。
  • サントリー水口氏、飲料は「モノ」から「コト」のデザインへ
    第7回
    2019.01.31
    サントリー水口氏、飲料は「モノ」から「コト」のデザインへ
    平成という時代が幕を閉じる。プロダクト、グラフィック、デジタルなどさまざまな分野のデザイナー10人の目を通し、この30年間をデザインの視点で振り返る特集。第7回はサントリーコミュニケーションズのデザイン部長、水口洋二氏。平成は、飲料でも「コトのデザイン」が不可欠になった時代だという。
  • 森本千絵氏が見た平成、カフェ文化が日本人のセンスを磨いた
    第8回
    2019.01.31
    森本千絵氏が見た平成、カフェ文化が日本人のセンスを磨いた
    平成という時代が幕を閉じる。プロダクト、グラフィック、デジタルなどさまざまな分野のデザイナー10人の目を通し、この30年間をデザインの視点で振り返る特集。第8回はアートディレクターの森本千絵氏。今後は“つながれない”“消えてしまう”ことが価値になるかもしれないとみる。
  • 良品計画 矢野氏、時代は「合理性」から「人間らしい生活」へ
    第9回
    2019.02.01
    良品計画 矢野氏、時代は「合理性」から「人間らしい生活」へ
    平成という時代が幕を閉じる。プロダクト、グラフィック、デジタルなどさまざまな分野のデザイナー10人の目を通し、この30年間をデザインの視点で振り返る特集。第9回は良品計画の矢野直子氏。AI(人工知能)の進化で不安や喪失感が募ると予想される今後、人間らしい暮らしが再認識されると言う。
  • TAKT PROJECT吉泉氏、平成は「モノ」の価値が激変した時代
    第10回
    2019.02.01
    TAKT PROJECT吉泉氏、平成は「モノ」の価値が激変した時代
    平成という時代が幕を閉じる。プロダクト、グラフィック、デジタルなどさまざまな分野のデザイナー10人の目を通し、この30年間をデザインの視点で振り返る特集。最終回はTAKT PROJECT代表の吉泉聡氏。平成は「モノ」の価値が激変した時代であり、今後は「そこでしか生み出せない何か」の価値が高まるという。

関連特集・連載

都心へ発進 相鉄のブランド再構築
都心へ発進 相鉄のブランド再構築
全3回
【PR】地方発ヒット商品の作り方
【PR】地方発ヒット商品の作り方
【PR】「働くひとの西宇和みかん」とは
【PR】「働くひとの西宇和みかん」とは
2019年ヒット商品ベスト30
2019年ヒット商品ベスト30
全32回