デジタル変革の掛け声は大きいが、具体的に何を実現するべきなのか見定められていない企業は多い。その理由の一つは、デジタル変革時代に備えるべきは「未見の敵」だからだ。長年の競合とやり合うのであれば、いくらでも経験はあるし、30年来殴り合っている敵のやり口もなんとなく分かる。ところが、近年は、全く違う業界からテクノロジーを手にした見たこともない敵が急に殴りかかってくる。このような未見の敵に備えるためには、自分たちの業界のことだけを見るのではなく、さまざまな業界の動向を見ておく必要があるし、そのなかに未見の敵への備えのヒントもある。このような不慣れな他業界の話を噛み砕いて伝える。
  • 第30回
    2019.09.20
    自動車業界「CASE脅威論」は本当か 見過ごしている敵は誰?
    自動車業界の人は最近、自社や業界の脅威として「CASE」を挙げる。CASEとは、「ネットワーク接続(Connected)」「自動運転(Autonomous)」「シェアリング(Share)」「電気自動車(Electronics)」の頭文字を取ったものだ。
  • 第29回
    2019.09.06
    カシオのデジカメ再参戦に勝算あり 皮膚科医が絶賛
    「ニーズがあるのは分かるんだけど、スケールしないよね」。大企業の新規事業担当者が一度は耳にするであろう、社内ご意見番からのコメントだ。大抵その後に続くのは、「我が社のあのヒット事業の売り上げの数パーセントしか見込めないんじゃ、なんだかやる気が出ないなあ」という発言だ。
  • 第28回
    2019.08.30
    ロボット掃除機で熱中症対策? シャープが気づいた消費者心理
    2019年8月5~18日に熱中症で搬送された人は2万人を超えた。同時期に1万3000人だった18年を大きく上回った。今回は、熱中症対策として面白い事例があるので紹介したい。
  • 第27回
    2019.08.23
    データ分析したら「ゲスの勘繰り」と非難 信頼を失わないために
    データを活用したターゲティングやパーソナライズの施策を推進すると、「気が利く」と「気持ち悪い」の境界が不明瞭になる問題にぶつかる。気を利かせようとしたばかりに、顧客から不興を買うという問題だ。
  • 第26回
    2019.08.09
    “物足りなさ”を巧みに演出 独老舗アウトドアショップがスゴい
    ダグ・スティーブンス氏の書籍「小売再生――リアル店舗はメディアになる」では、小売店舗が受難の時代に活路を見いだそうとするさまざまな例が紹介されている。中でも筆者が度肝を抜かれたのは、ドイツの老舗アウトドアショップ「グローブトロッター」である。
  • 第25回
    2019.08.02
    イケアの「ThisAbles」が家具パーソナライズの扉を開く
    スウェーデンの家具大手イケアは、販売する家具の使い勝手を良くするプロジェクトとして、「ThisAbles」を世界127カ国で展開している。3Dプリンターを活用して補助器具を開発し、家具をカスタマイズできるものだ。実はその狙いは障がい者の使い勝手を高めることにある。
  • 第24回
    2019.07.19
    AIで自動車修理工場を笑顔にした関西ペイント 学びたい着眼点
    自動車修理市場が縮小している 。背景にあるのは「衝突被害軽減ブレーキ」など、先進安全装置の普及だ。自動車の保有台数が横ばいであるなか、事故件数は2004年以降減少傾向にある。事故の減少自体は喜ばしいことであるが、修理市場は業務の効率化など生き残りのための施策が不可欠になっている。
  • 第23回
    2019.07.12
    目視に頼らず生鮮食品の鮮度を管理 ウォルマートの流儀
    米ウォルマートは2016年から、「エデン」という生鮮食品の品質管理ツールを利用している。例えば、店員が店頭のリンゴに貼られている2次元コードをハンディー端末で撮影すると、「リンゴ(品種:ハニークリプス)5ポンド、袋入り」といった販売情報に加えて、産地から店頭までどのように運ばれてきたのかも分かる仕組みだ。自動車販売会社が愛知県名古屋市にある。いったいどのように実現しているだろうか。
  • 第22回
    2019.07.05
    競合の3倍稼ぐ自動車販売店 トルコ宝飾商との意外な共通点
    愛知県名古屋市に、従業員一人当たりの売上高が業界平均の3倍もある自動車販売店がある。いったいどのように実現したのだろうか。それをテクノロジーによって拡大させることはできないだろうか。
  • 第21回
    2019.06.28
    ある監視映像解析企業に学ぶ「優良顧客の育て方」
    監視カメラ映像解析に特化したサービスを提供している米カミオ(camio)という企業をご存じだろうか。今回は同社の映像解析サービスの戦略が実に面白いので紹介したい。
  • 第20回
    2019.06.25
    「機能の時間売り」でモノ作りの常識が激変する
    クラウドサービスの場合、自分にとって必要な機能を選び、必要な期間だけ選んで契約できるのが一般的だ。こうしたサービスでは当たり前になった考え方をハードウエア製品に持ち込もうとする動きが出てきている。モノ作りの常識ががらりと変わるかもしれない「機能の時間売り」について今回は考えてみよう。
  • 第19回
    2019.06.14
    ネットフリックスの知られざる挑戦 同じ映画でもサムネは十人十色
    消費者の趣味趣向が細分化した現在、企業は一人一人に合わせて製品やサービスを提供する「パーソナライズ」が欠かせない。ただ細分化すればするほど、コストがかかるのも事実。いったいどうすればよいのか、米ネットフリックスを例に見ていく。
  • 第18回
    2019.05.31
    眼鏡も売り始めたシトロエン その裏に隠された意外すぎる狙い
    「シートロエン」(SEETROËN)という商品をご存じだろうか。自動車メーカーのシトロエン(Citroen)が販売する眼鏡だ(i)。なぜ自動車メーカーが眼鏡を発売したのだろうか。今回は、その理由を考える
  • 第17回
    2019.05.24
    データを「見える化」したら次にすべきこと お手本にしたい3例
    技術の進歩によって、今まで無理だったものが手軽に正確に測れるようになっている。例えば介護領域では、排尿タイミング予測を目的に、ぼうこう内の尿量を測定するセンサーが商品化されている。今回は、データの「見える化」が生みだす消費者との新たな接点作りについて考えてみたい。
  • 第16回
    2019.05.17
    リモートワーク中の電気代 自腹を切らない“秘策”があった
    業務時間中に実際に何をしていたのかは、スケジュール帳に書かれている内容だけでは分からない。正確に把握しようとすれば「どのようなソフトで何という名前のファイルの編集をしていたのか」「誰から電話がかかってきて、どのくらいの時間を取られていたのか」といった情報が必要になる。
  • 第15回
    2019.05.10
    消費者の心を揺さぶる「賢い歯磨き」 先進事例に共通項あり
    歯磨きを“賢く”するアイデアが、続々と登場している。歯ブラシそのものを進化させるものもあれば、スマートフォンアプリを上手に活用して正しい方法に導くようなものまでさまざまである。
  • 第14回
    2019.04.26
    一生に一度の買い物 その情念をデータにできるのか
    「水回りのリフォームでもするか」と思い立ったときにどうするか。一昔前ならば、カタログをいろいろと見比べ、工務店と話をしながらイメージにかなうシステムキッチンを作りあげていたものだ。
  • 第13回
    2019.04.19
    AI活用は難しくない 「カメラを置くだけ」日立の超簡単ワザ
    今回は、がっしりと地に足の着いたテクノロジー活用の好例を2つ紹介したい。1つは日立システムズが提供する「カメラ利用型メーター自動読み取りサービス」だ。もう一つは、ゼネコンが建設現場で朝礼とITを融合させようとする事例である。
  • 第12回
    2019.04.12
    米大手銀の「60ドル引き出し」ボタン 狙いは一石二鳥の課題解決
    米国の大手銀行であるウェルズ・ファーゴのATM(現金自動預け払い機)にキャッシュカードを入れると、見慣れないボタンが表示される。「60ドル引き出し(取引明細書は不要)」というボタンがそれだ。50ドルでも100ドルでもない中途半端な金額なのはなぜか。
  • 第11回
    2019.04.05
    「自分よりも自分に詳しい」チャットボットの使い道とは
    「最近いいチャットボットあった?」と聞かれたらなんと答えるか。これはセンスが問われる質問だ。そのような問いかけに備えるべく、3つのクールなチャットボットを紹介したい。

関連特集・連載

スポーツテック2020
全5回
D2Cの正体
全8回
始動「5G」 見えてきたビジネス革命
全13回
データビジネス最前線
全7回