トヨタ物語2020―変革の現場
「100年に一度の大変革の時代」に「モビリティに関わるあらゆるサービスを提供する会社」への変革を標榜するトヨタ。“生きるか死ぬか”を懸けて取り組むのが「販売の現場改革」だ。ニーズが大きく変化する顧客との接点をカイゼンできるのか。『トヨタ物語』著者・野地秩嘉氏が、その苦闘の歴史と最前線を追う。
  • 自動運転でも解決できないドライバー不足 トヨタはどうする?
    第38回
    2019.10.10
    自動運転でも解決できないドライバー不足 トヨタはどうする?
    トヨタ自動車の「変革の現場」を追うノンフィクション連載。第38回は改めてドライバー不足問題を考える。自動運転が実現して、完成車が購入者の自宅まで自走できるようになっても、環境負荷やコストの問題で「人が運ぶ」システムが続く。トヨタはどのように対応するのか。
  • トヨタが重視する地味なカイゼン 「苦境の6年」に芽吹いていた
    第37回
    2019.10.03
    トヨタが重視する地味なカイゼン 「苦境の6年」に芽吹いていた
    トヨタ自動車の「変革の現場」を追うノンフィクション連載。第37回は元副会長の池渕浩介氏を訪ねた。戦後、極度の人手不足に陥ったトヨタ。しかしその「苦境の6年」の間に大増産を成し遂げた。苦しい現場を支えたのは「働ける喜び」と「地味なカイゼン」だった。
  • 「人も金も足らない6年間」にトヨタが大改革できた4つの理由
    第36回
    2019.09.26
    「人も金も足らない6年間」にトヨタが大改革できた4つの理由
    トヨタ自動車の「変革の現場」を追うノンフィクション連載。第36回は「大増産の6年」に迫る。戦後、労働争議に揺れ、人員整理を余儀なくされたトヨタ。極度の人手不足に陥った状況にもかかわらず、大改革によって増産を実現した。それを可能にした4つの理由とは。
  • 「2000人退職」人手不足でもトヨタが大増産した謎の6年間
    第35回
    2019.09.19
    「2000人退職」人手不足でもトヨタが大増産した謎の6年間
    トヨタ自動車の「変革の現場」を追うノンフィクション連載。第35回はトヨタが倒産寸前の苦境に立たされた戦後期を振り返る。経営危機に陥り、労働争議に揺れ、人員整理を余儀なくされた後、極度の人手不足にもかかわらず、トヨタはなぜ「大増産」を実現できたのか。
  • なぜトヨタのカイゼンは関係会社へ根付くか そのシンプルな理由
    第34回
    2019.09.12
    なぜトヨタのカイゼンは関係会社へ根付くか そのシンプルな理由
    トヨタ自動車の「変革の現場」を追うノンフィクション連載。第34回も部品輸送のカイゼンに関わる物流会社のカリツー、さらにサプライヤーの林テレンプを訪ねた。筆者はそこで改めて感じた。カイゼンの現場はいつも地味だ。しかし、しっかり目を凝らすと、学ぶことがいくつもある、と。
  • トヨタの部品輸送カイゼン 物流会社にもたらしたメリットとは
    第33回
    2019.09.05
    トヨタの部品輸送カイゼン 物流会社にもたらしたメリットとは
    トヨタ自動車の「変革の現場」を追うノンフィクション連載。第33回は物流会社のカリツーで話を聞いた。サプライヤーから工場まで部品を運ぶ「調達物流」でトヨタがカイゼンに取り組んだ結果、パートナーである物流会社には具体的にどんなメリットがあったのか。
  • 部品輸送を2~6時間短縮 トヨタが始めた2つの小さなカイゼン
    第32回
    2019.08.29
    部品輸送を2~6時間短縮 トヨタが始めた2つの小さなカイゼン
    トヨタ自動車の「変革の現場」を追うノンフィクション連載。第32回は、サプライヤーから工場まで部品を運ぶ「調達物流」で実行された2つのカイゼンを紹介する。最先端のAI(人工知能)や最新鋭のメカは登場しない。現場の知恵から生み出された小さな「くふう」が搬送効率を大幅に向上させた。
  • 調達物流のカイゼンが進まない トヨタを悩ます業界慣習の壁
    第31回
    2019.08.22
    調達物流のカイゼンが進まない トヨタを悩ます業界慣習の壁
    トヨタ自動車の「変革の現場」を追うノンフィクション連載第31回。サプライヤーから工場まで部品を運ぶ「調達物流」のカイゼンに取り組むトヨタは、集荷方式の大転換を進めているが、苦戦が続く。目指す「ジャスト・イン・タイム」の前に立ちはだかる壁に、どう対処するのか。
  • トヨタの調達物流 「軒先渡し」から「ミルクラン」へ大転換
    第30回
    2019.08.08
    トヨタの調達物流 「軒先渡し」から「ミルクラン」へ大転換
    トヨタ自動車の「変革の現場」を追うノンフィクション連載。第30回は、サプライヤーから工場まで部品を運ぶ「調達物流」の現場へ。ジャスト・イン・タイムで生産ラインへ部品を届けるのがトヨタ流だが、工場の立地が広域になり、見直しが必要に。「軒先渡し」から「ミルクラン」へ大転換を進めている。
  • トヨタ車の輸出を支える「船上のギャングたち」の職人技
    第29回
    2019.08.01
    トヨタ車の輸出を支える「船上のギャングたち」の職人技
    トヨタ自動車の「変革の現場」を追うノンフィクション連載。第29回は「船上のギャングたち」を訪ねた。完成車の輸出には専用船が使われる。港からその船内へ、ムダな時間をかけず、ムダなスペースを作らずに多くの車を積み込むギャングたちの職人技がトヨタの完成車物流を支える。
  • 炎天70度に対処せよ! 「大屋根」が示すトヨタ式カイゼンの本質
    第28回
    2019.07.25
    炎天70度に対処せよ! 「大屋根」が示すトヨタ式カイゼンの本質
    トヨタ自動車の「変革の現場」を追うノンフィクション連載。第28回は「完成車物流」の現場へ。工場で完成した車は屋外でキャリアカーに載せられるが、炎天下、車内温度は70度にもなる。訪ねた工場では「大屋根」が設置されていたが、ここにトヨタ式カイゼンの本質が映し出されている。
  • 年1兆円の物流費をどう減らす? トヨタのカイゼンは物流が肝
    第27回
    2019.07.18
    年1兆円の物流費をどう減らす? トヨタのカイゼンは物流が肝
    トヨタ自動車の「変革の現場」を追うノンフィクション連載。第27回から「物流カイゼン」に迫る。「部品を生産工場に運ぶ」「工場から完成車を購入者に届ける」「補修部品を販売店に運ぶ」。トヨタにおける「3つの物流」の費用は年1兆円に上る。そのカイゼンは重要課題であり、変革の最前線だ。
  • 「中国のピザ配達人」にあって、トヨタに足りないものとは何か
    第26回
    2019.07.11
    「中国のピザ配達人」にあって、トヨタに足りないものとは何か
    トヨタ自動車の「変革の現場」を追うノンフィクション連載第26回。生産技術の発展は「環境への負荷が少なく、外部との通信接続によってさまざまなサービスを利用でき、自動運転で移動できる」自動車を実現しようとしている。さて、それは顧客が「本当に求めているもの」と合致しているのか。
  • トヨタ車のドライバーが頼りにするNo.1オペレーターの仕事
    第25回
    2019.07.04
    トヨタ車のドライバーが頼りにするNo.1オペレーターの仕事
    トヨタ自動車の「変革の現場」を追うノンフィクション連載。第25回は、トヨタの「つながる車」サービスを支えるトヨタコネクティッドの「コンタクトセンター」を訪ねる。レクサスなどのドライバーが車載通信機を通じて投げかけてくるさまざまな質問に、巧みに答える「オペレーターの仕事」に迫る。
  • 「つながる車」へシフトする自動車業界 トヨタは何が違うのか
    第24回
    2019.06.27
    「つながる車」へシフトする自動車業界 トヨタは何が違うのか
    トヨタ自動車の「変革の現場」を追うノンフィクション連載第24回。豊田章男社長が周囲の不評に抗しながら2000年に立ち上げた「ITサービス会社」が今、トヨタが力を注ぐ「つながる車」事業の中核を担っている。そしてその取り組みは、業界他社とは「異なるアプローチ」で推進されている。
  • 豊田章男社長が自ら興した「トヨタコネクティッド」、その狙いは
    第23回
    2019.06.20
    豊田章男社長が自ら興した「トヨタコネクティッド」、その狙いは
    トヨタ自動車の「変革の現場」を追うノンフィクション連載。第23回は「トヨタコネクティッド」について。トヨタ社長の豊田章男氏が若き日に、周囲の反対に屈せず立ち上げた会社は今、トヨタが注力する「つながる車」関連事業の中核を担う存在となった。豊田氏を"起業"に駆り立てた焦燥をたどる。
  • トヨタを接客業に 豊田章男社長を変革に駆り立てる「遺伝子」
    第22回
    2019.06.13
    トヨタを接客業に 豊田章男社長を変革に駆り立てる「遺伝子」
    トヨタ自動車の「変革の現場」を追うノンフィクション連載。第22回のテーマは「トヨタ生産方式」だ。生産現場から生まれ、今、販売の現場カイゼンにも力を発揮する。トヨタを支える「背骨」だが、世間からの誤解も多い。しかし、この本質を理解しなければ、トヨタの変革は読み解けない。
  • アマゾン、ウーバー… トヨタが“ありえなかった相手”と組むワケ
    第21回
    2019.06.06
    アマゾン、ウーバー… トヨタが“ありえなかった相手”と組むワケ
    トヨタ自動車の「変革の現場」を追うノンフィクション連載第21回。危機感を持った販売店は具体的に何をしているのか。米テキサス州の販売店社長、パット・ラブ氏の話を聞く。トヨタ生産方式をいち早く導入し、カイゼンを続け、自動車販売の未来を語る彼の話をかみしめながら、筆者は一編の詩を思い浮かべた。
  • トヨタの販売カイゼン 目指すべきサービス「真実の瞬間」とは
    第20回
    2019.05.30
    トヨタの販売カイゼン 目指すべきサービス「真実の瞬間」とは
    トヨタ自動車の「変革の現場」を追うノンフィクション連載第20回。トヨタの販売カイゼンは、瞬時に客の要望に応えられる「ジャスト・イン・タイム・サービス」を目指すが、道半ば。著者はトヨタが生き残るために目指すべき姿として、スカンジナビア航空(SAS)の「真実の瞬間」の例を紹介する。
  • 電機メーカーでも車を作れる時代 トヨタの現場は何を担うのか
    第19回
    2019.05.23
    電機メーカーでも車を作れる時代 トヨタの現場は何を担うのか
    トヨタ自動車の「変革の現場」を追うノンフィクション連載。第19回は自動車会社とファブレス(水平分業)について考える。従来は自動車会社が部品メーカーや販売店を系列化する垂直統合方式が主流だったが、EV(電気自動車)などの生産では家電のように取引先を固定しないファブレス生産が増える。危惧される問題とは? 販売体制への影響は?

関連特集・連載

【PR】小田急MaaSの挑戦
【PR】小田急MaaSの挑戦
【PR】勝てるローカルTVCM戦略
【PR】勝てるローカルTVCM戦略
【PR】テスラ、日本でのPR活動
【PR】テスラ、日本でのPR活動
2019年ヒット商品ベスト30
本日更新
2019年ヒット商品ベスト30