英ブックメーカーが付けた5000倍という優勝オッズを跳ね返し、2015/16年シーズンに“奇跡の優勝”を果たした英プレミアリーグ・レスターシティFC。岡崎慎司選手の貢献は日本でも大きく報道されたが、選手たちを支えた「デジタルブラジャー」の存在はあまり知られていない。

15年/16年シーズン以降、岡崎慎司選手が所属し続けており、日本におけるレスターシティの認知は格段に向上した
15年/16年シーズン以降、岡崎慎司選手が所属し続けており、日本におけるレスターシティの認知は格段に向上した

 優勝シーズン当時、コーチングスタッフだったポール・バルソン氏は、「優勝できたのは、医療とテクノロジーとを融合したスポーツサイエンスを追求し続けてきたことが大きい」と「Sport Innovation Summit Tokyo 2018」というイベントで語った。

 レスターシティは2003/04シーズンから2014/15シーズンまで下部リーグに甘んじる苦しい時代が続いた。バルソン氏が加わったのは3部リーグで戦っていた2008/09シーズン。時を同じくしてテクノロジーへの積極投資を始め、経験豊富な医療、スポーツサイエンスの専門家を集めて改革をスタートさせた。

 具体的な施策の1つは、チーム全体の稼働率を高めることだ。2001/02シーズンからの15年間で、欧州サッカー連盟(UEFA)所属チームの平均稼働率(各チームの選手がプレーできる状態にある割合)は85%前後で推移していた。そしてトップチームに限ると、稼働率が高いシーズンほど、リーグ優勝や欧州チャンピオンズリーグ優勝など好成績を収める傾向が見られたという。

全員がIoTデバイスを“着用”

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>