実施:制約を逆に武器とせよ。街並みを借景として活用

 リニューアル後の水族館のコンセプトは「天空のオアシス」で、水中世界を通じて癒やしや安らぎを提供する「都会の非日常空間」を目指した。各水槽は水塊をテーマに演出。「サンシャインラグーン」という大水槽は、水槽の形や照明の濃淡を工夫することで、限られた水深でも水のゆらめきを感じさせ、海がどこまでも続くような奥行きも表現している。

 屋外エリアにある「サンシャインアクアリング」は、直径約8mのドーナツ形の水槽だ。アシカが元気に泳ぐ姿を真下からも見せたい、というアイデアを実現。水槽を支える柱が太いと水中感が薄れてしまうため、水量を減らして軽くする狙いで真ん中をくり抜き、ドーナツ形にした。

 「天空のオアシス」をさらに完全なものにするために、16年9月から屋外エリアの一部を閉鎖。約10カ月の工事を経て、17年7月にリニューアルオープンした。その目玉となった展示の一つが「天空のペンギン」だ。屋上からは周囲のビルやマンションが見え、非日常感を演出しにくい。しかし、その制約を「どこもまねできない特徴」と捉え、“借景”にしたのだ。いわゆる「インスタ映え」する水槽が多いが、意図したわけではないという。「水塊をテーマに考えていった結果、自然と写真映えするデザインになった」と丸山館長は話す。

●サンシャイン水族館の来館者数の推移
●サンシャイン水族館の来館者数の推移
2011年のリニューアルオープン後、年間来場者数の目標は110万人超だった。だが、実際には約224万人(8月オープンのため、年度で換算すると162万人)で、前年の約3倍になった
リニューアルの極意
「制約」は新しい発想が生まれるチャンス! 制約を乗り越えるために議論を重ね、アイデアを出し合うことで、新しいテーマや今までにない表現方法が見つかる可能性がある。

(写真/丸毛 透、写真提供/サンシャイン水族館)


全編コロナ後書き下ろし!
「ワークマンは商品を変えずに売り方を変えただけでなぜ2倍売れたのか」(2020年6月29日発売)
酒井大輔著、日経BP、1760円

 既存店と同じ商品を扱いながら、売り方を変えただけで2倍売れた!衝撃の新業態「ワークマンプラス」誕生から2年近く。消費増税も、新型コロナ禍も物ともせず、2桁成長を続けるワークマンの強さの秘密に迫りました。

 主人公は、商社からやってきた1人の男。作業服専門店が、なぜ今をときめくアパレルショップになれたのか。客層を大きく拡大できたのはなぜなのか。実は水面下で、緻密かつ計算され尽くした戦略がありました。組織が躍動し、変わっていく姿を、物語仕立てで克明に描写。本邦初公開の情報も余すことなく盛り込みました。ワークマンは新型コロナにどう立ち向かったのか。アフターコロナで何を仕掛けるのか。本書を読めばすべて分かります。新時代のリーダー像、成果を出すチームづくりの極意も見えてくるはずです。
Amazonで購入する
日経BP SHOPで購入する