米ファスト・カンパニー

米ゲーム大手アクティビジョン・ブリザードの買収がなくても、米マイクロソフトはゲーム業界の有力企業だ。同社はさらに、仕事や生活の場で効率を求める際に不可欠な「Excel」や「Teams」のようなプロダクティビティーソフトウエアも支配している。これはメタバースの世界が実現した際に非常に強力な組み合わせになるかもしれない。

米ゲーム大手アクティビジョン・ブリザードに買収を発表した米マイクロソフト。実現すればメタバースをにらんだ同社の立場を、さらに強めることになりそうだ(写真はイメージ、Shutterstock)
米ゲーム大手アクティビジョン・ブリザードの買収を発表した米マイクロソフト。実現すればメタバースをにらんだ同社の立場を、さらに強めることになりそうだ(写真はイメージ、Shutterstock)

 巨大ゲームソフト企業アクティビジョン・ブリザードを約690億ドル(約7兆5900億円)で買収する計画の発表で、米マイクロソフト(MS)は突如、メタバースについて語ることが増えた。投資家は同社の取り組みを真剣に受け止めているようだ。

 「この買収は、モバイル、PC、コンソール、クラウドにおけるMSのゲーム事業の成長を加速させ、メタバースの基盤を提供する」。MSは2022年1月18日の買収発表でこう述べた。

 少なくとも短期的には、アクティビジョン・ブリザード買収の目的は主にMSのゲーム事業にある。買収が規制当局に承認されたら、買収資産には「ウォークラフト」や「ディアブロ」「オーバーウォッチ」「コール・オブ・デューティー」「キャンディークラッシュ」といった巨大ゲームシリーズが含まれ、2023年にはこれらすべてをMSのサブスクリプションサービス「Xbox Game Pass」に加えられる。MSは買収によって、中国の騰訊控股(テンセント)、ソニーに次ぐ世界第3位の大手ゲーム会社に浮上する。

「インターネットの次の波」をどうつかむか

 22年1月25日、MSはアクティビジョン・ブリザード買収のニュース以来、初めてとなる業績発表の電話会議を開いた。アナリストを驚かす力強い四半期決算を発表し、MS株は翌26日の取引で急騰し、株価は1株300ドル(約3万3000円)を突破した。アナリストは当然、アクティビジョン・ブリザード買収の意義と、このメタバースというもの全体について、サティア・ナデラCEO(最高経営責任者)に聞きたい質問がいくつもあった。

 メタバースの定義は暫定的なものでさえ、まだ極めて流動的だが、ナデラ氏とMSはメタバースが社会に大きな変革をもたらすと考えている。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
4
この記事をいいね!する