東京オリンピックでこれほどネオンカラーを見かけるワケ(画像)

米ナイキは2021年に開催される新しいオリンピックのために、20年に用意した古いデザインを再利用したくなかった。ナイキの決断により次に起きたことが何だったのか、紹介しよう。

ナイキが2021年の東京オリンピックのために開発した最も未来志向のマラソンシューズ「ナイキ エア ズーム アルファフライ ネクスト%」(写真提供/Shutterstock)
ナイキが2021年の東京オリンピックのために開発した最も未来志向のマラソンシューズ「ナイキ エア ズーム アルファフライ ネクスト%」(写真提供/Shutterstock)

 米ナイキのCDO(チーフ・デザイン・オフィサー、最高デザイン責任者)を務めるジョン・ホーク氏がチームとともに仕事に取り掛かったのは、2016年に開催された夏季オリンピック・リオデジャネイロ大会が終わった2カ月後のことだ。20年東京大会に向けて計画を立てるのに4年足らずしか時間がなかった。ホーク氏にとっては、ナイキが関わる8回目のオリンピックとなるため、世界最大の国際スポーツ大会が世界最大のシューズブランドにとってどれほど重要かを理解していた。

 チームが組み立てたビジョンは、期待を裏切らなかった。20年2月、ナイキはオリンピックに向けたステートメントとなる新作「スペースヒッピー」を発表した。先鋭的で粗削りなコレクションで、裁断場のスクラップと古いスニーカーを砕いた再生素材で作られたシューズだ。目がくらむような鮮やかな色使いで知られるナイキ(読者の皆さんは、女子体操チームが12年に履いた蛍光黄色のシューズを覚えておいでだろうか?)は、染料を節約するために、スペースヒッピーを生成りの「リント」色で用意した。無駄を省くために極めて効率的なパターンで裁断された白いトラックスーツが、表彰台の上でスペースヒッピーを引き立てるはずだった。

 ナイキはこの抑制の効いたデザインを「ローセンティック(手を加えないrawと、本物のauthenticを掛け合わせた造語)」と名付けた。スペースヒッピーは、発売第1弾がすぐに売り切れた。次に何が起きたか──。

コロナ禍による大会延期で一からやり直し

 コロナ禍によって20年東京大会が延期された。その結果、大会が始まる頃には発売から18カ月たったことになるシューズのデザインは、もう最先端には見えない。大会開催時に派手な評判を取るには、とにかく古すぎた。

このコンテンツ・機能は会員限定です。