台頭する「ダークストア」、苦戦する小売業の救世主になるか(画像)

米高級スーパーのホールフーズ・マーケットが開設した最新店舗には、買い物客が見当たらない。客のいない店舗こそ「ダークストア」のそもそもの狙いだ。近い将来、小売店の一定割合が、こうした業態へ転換する可能性が高いかもしれない。

「ダークストア」のイメージ(写真/Shutterstock)
「ダークストア」のイメージ(写真/Shutterstock)

 米高級スーパーのホールフーズ・マーケットが、客が入ることもできなければ買い物することもできない新しい「店舗」を「オープン」した。

 ニューヨーク・ブルックリンに位置し、典型的なホールフーズよりも若干小さい新店舗は、オンライン注文の配送だけに対応する。オンラインオンリーを目的に設置された同社初の特設店だ。通常の店舗よりも通路が長く、サラダバーがなく、レジ横のキャンディー売り場もない店は、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的な大流行)中に急増したオンライン注文の商品を梱包するために使われる。ホールフーズの親会社であるアマゾン・ドット・コムは、2020年第2四半期に食料品の売上高が前年同期比で3倍に増加したと話している。

前倒しで訪れた小売りの未来

 だが、これはただのパンデミック関連対策ではない。ホールフーズの幹部らによると、オンライン注文に対応するため、ホールフーズの6店舗がパンデミック中に一時的に用途を転換したが、この新しいオンライン専用店舗は1年以上前から準備が進められてきたものだ。

 ホールフーズだけではない。買い物が店内からオンラインへとシフトする流れに適応するため、これまで店舗や倉庫だった物理的な施設を、「ダークストア」と呼ばれる店舗に転換する小売店が増えている。実際には、受け渡しや宅配のためにオンライン注文を梱包することができる、小型倉庫のようなスペースを増やしているのだ。小売業界の専門家は、これは大きなトレンドの始まりにすぎないと話している。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>