米国の老舗高級レストラン、新型コロナ対応で見事な業態転換(画像)

新型コロナウイルスのパンデミック(世界的な大流行)対策のために世界中で封鎖措置が取られるなか、外食産業が悲鳴を上げている。米シアトルにある家族経営の老舗高級レストランは機敏に対応し、ビジネスモデル全体を設計し直した。「変わっていないことが2つある。人は食べる必要があり、働く必要があるということだ」――。

米シアトルの老舗高級レストラン「Canlis(キャンリス)」のサイト。業態転換することが告知されている
米シアトルの老舗高級レストラン「Canlis(キャンリス)」のサイト。業態転換することが告知されている

 「Canlis(キャンリス)」は、語り継がれる歴史を誇り、レイクユニオンを一望できるシアトル屈指の老舗高級レストランだ。だが、ここワシントン州、特にシアトルがあるキング郡は今、米国で新型コロナウイルス危機の震源地になっている。このため、共同経営者のマークとブライアンのキャンリス兄弟は、高級料理を楽しむことなど誰も考えないようなときに経営を持続するには、ビジネスを見直す必要があることが分かっていた。

ダイニングルームを閉鎖し、3つのポップアップ店をオープン

 新型コロナウイルスのパンデミックに直面し、兄弟は顧客が“いる場所”で顧客と会うことに決めた。顧客の自宅がその場所だ。

 キャンリスは2020年3月16日にレストランのダイニングルームを閉鎖した。創業69年の歴史上、3度目のことだ(過去に一時閉鎖したのは、ジョン・F・ケネディ大統領の暗殺事件の後と、15年にレストランの近くで起きた「悲惨な交通事故」の後だった)。そして通常店舗の代わりに3つのポップアップ店舗をオープンした。ベーグルショップとドライブスルー式のハンバーガーショップ、そしてワインが1本付く「ファミリーミール」宅配サービスだ。3つのサービスすべてを平日に提供する。

 このアイデアが生まれたのは、会社全体に不安感が漂う中で開かれた20年3月4日のチーム会議でのことだ。シアトルでは観光業の収益が既に落ち込み、レストランも大きな打撃を受けていた。マーク・キャンリス氏によると、当初は生き残るための戦略を模索していた。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>