前回は乗客とドライバーのアプリの改善について紹介した。今回は自動運転の実現に欠かせない、クルマの最適配置によるサービス改善について紹介したい。また、事故など非常事態に伴う、ドライバーへの支援の拡充も急務である。

自動運転の時代には、将来の乗車需要を予測し、クルマを最適配置する必要がある。ドライバーを自動で誘導する機能も必要とされる。要請に応じて移動して、乗車がなかった場合にはその分の収入を補償するべきだ
自動運転の時代には、将来の乗車需要を予測し、クルマを最適配置する必要がある。ドライバーを自動で誘導する機能も必要とされる。要請に応じて移動して、乗車がなかった場合にはその分の収入を補償するべきだ

 都市部で乗客用アプリを開くと、ドライバーのクルマが芋洗い状態で密集しているところとガラガラなところがあることに気づくだろう。密集している所ではドライバーは暇になるし、ガラガラな所では乗客が長い時間待たされる。これっておかしくないだろうか?

都市部では乗客待ちのクルマが集中していることが多い。米サンフランシスコ市内におけるウーバー(左)とリフト(右)の例
都市部では乗客待ちのクルマが集中していることが多い。米サンフランシスコ市内におけるウーバー(左)とリフト(右)の例

 ウーバーやリフトは、ドライバーを乗車需要の高い特定の地域に呼び込むため、乗車リクエストが多い地域の料金を引き上げる「サージ」や、特定の時間帯に指定したエリアでピックアップした際にインセンティブを与える「パワーゾーン」などで試行錯誤してきたことを、これまで説明してきた。

 ただ、実際にドライバーとして自分で試してみれば、理想の方法に気づくはずである。

 例えば、乗客からリクエストがあるまでドライバーを放置するのをやめたらどうだろうか。ドライバーに納得できる時給に応じた報酬を与えて、乗客を乗せていない待ち受けの状態のドライバーを適切な場所へ誘導するのだ。

自動運転に向けてクルマの最適配置を

 ウーバーやリフトは近い将来に自動運転車を導入する際、乗客からリクエストがあるまで車両をどのように配置するつもりなのだろうか。現状はドライバーが勝手気ままにクルマを運転し、経験則から乗客を待つ場所を決めている。そのため同じ所にクルマが集まってしまう傾向がある。

 最適配置はいずれは取り組まなければならないテーマなのだから、今からリアルなドライバーに協力してもらい、オンラインの待ち受け時間にすべてのクルマがベストな配置になるようクルマを動かしてもらってはどうだろう。

 過去のデータで時間帯ごとに乗車要求のある場所はある程度予測できるはずだ。その情報を基にドライバーをナビゲーションで移動させ、バランスよく待機、あるいは特定のブロック内で回遊してもらうのだ。

 具体的には現状のドライバーアプリにある、どのような条件で乗客を拾うのかを設定する「Filter Rides」に、「自動目的地(Auto Destination)」の機能を追加するのだ。ドライバーはその項目を選び、その後表示されるナビゲーション画面の指示に従ってクルマを移動させるだけでいい。

ドライバーアプリの乗車待ちの設定に新機能「自動目的地(Auto Destination)」を追加したイメージ(Auto Destinationの部分は筆者作成)
ドライバーアプリの乗車待ちの設定に新機能「自動目的地(Auto Destination)」を追加したイメージ(Auto Destinationの部分は筆者作成)

 もちろんドライバーの自由な移動を制限することになるので、インセンティブとして真の時間補償を実施する。仮に乗客が割り当てられなくても稼働に応じた報酬を出すのだ。

 リフトには1年以上前から提案し、取り組んでいると聞いていたが、いまだに実現していない。現場でドライバーをやっているとアプリやサービスの問題に頻繁に遭遇する。その度に提案したいアイデアが湧き出てくる。現場はアイデアの泉だと思う。