マツダの革新をデザインで引っ張ってきた同社常務執行役員デザイン・ブランドスタイル担当の前田育男氏。伝統と革新、合理性と無駄…。デザインとは、時として相反する命題に向かい合い、1つの「形」にまとめ上げる宿命を持つ。前田氏だけが語り得るデザイン論。テーマは「相克」。

前田育男氏 マツダ 常務執行役員 デザイン・ブランドスタイル担当(撮影:栗原克己)
前田育男氏 マツダ 常務執行役員 デザイン・ブランドスタイル担当(撮影:栗原克己)

 マツダの快進撃が止まらない。

 一時は経営危機に陥った広島の自動車メーカーは、新世代技術「スカイアクティブ・テクノロジー」とデザインテーマ「魂動(こどう)」を両輪に、全車種のラインナップを一新。「人馬一体」と表現される運転する楽しさを追求した車は、世界市場で人気を獲得し、見事な復活を遂げた。昨年発表されたコンセプトカー「ビジョンクーペ」や、次世代ガソリンエンジン「スカイアクティブX」などが指し示す、さらなる進化にも大きな期待が寄せられている。

 前田育男。マツダの革新をデザインで引っ張ってきた人物だ。「RX-8」や3代目「デミオ」といった名車のデザインを手がけ、2009年にデザイン部門のトップに立つ。以来、デザインプロセスをドラスティックに変革、「魂動」コンセプトのもと生命感あふれるデザインの車を生み出してきた。さらに、販売店のデザイン、モーターショー会場の監修なども手がけながら、マツダのアイデンティティをデザインで端的に表現してきた。

 現在、常務執行役員デザイン・ブランドスタイル担当を務め、マツダを「豊かな」ブランドにするべく疾走を続ける革新者に聞くのは、ずばり「デザイン論」、テーマは「相克」。伝統と革新、普遍性と時代性、マスとニッチ、合理性と無駄、光と影…。デザインとは、表裏一体、時として相反する命題に向かい合い、1つの「形」にまとめ上げるという宿命を持つ。そのデザインを頼みとし、マツダという会社を通して世界市場へと打って出た前田だけが語り得る「生きた」話の数々。それらが指し示す先には、どのような景色が広がっているだろう。

 インタビュアーを務めるのは、仲森智博(日経BP総研フェロー)。広島で育ち、中学、高校時代は、前田と同級生だったという人物だ。

「それにしても仲森は、あの頃と変わらんねえ」

 学生時代の思い出話も飛び出しながら紡がれる、ホンネの連載。初回は「前口上」だったはずが、のっけから熱い話となりました…。

同級生同士の本音の対談が続く
同級生同士の本音の対談が続く

久しぶりに会ったわけだし、まずはリップサービスからね。最近、車好きの人と話していると「最近のマツダいいよね」って言われることが多い。特にデザインがいいと。広島で育ったものとしては何やらうれしくなってしまうわけだけど、張本人である前田からすればどう?