日付のセル全体を選択して右クリックし、「セルの書式設定」を選ぶ。開いた画面の「表示形式」タブの「分類」で「ユーザー定義」を選び、「種類」欄に図の内容を入力する
日付のセル全体を選択して右クリックし、「セルの書式設定」を選ぶ。開いた画面の「表示形式」タブの「分類」で「ユーザー定義」を選び、「種類」欄に図の内容を入力する

【Excel時短術】仕事に利くDATE関数の使い方 日付データを作成する

2019年11月11日
  • 年、月、日が入力されたセルをそれぞれ引数に指定して、日付データを作ろう
  • 「関数の挿入」ボタンをクリック
  • 表示される画面の「関数名」で「DATE」を選んで「OK」をクリックする
  • 引数を設定する画面が表示されるので「年」「月」「日」が入力されているセルをそれぞれクリックして「OK」をクリックすると、日付が完成する
  • カレンダーを作るには、まず「年」と「月」の値から、DATE関数でその月の1日の日付データを求める。後は1日の日付に1ずつ加えて他の日付を作る
  • 日付のセル全体を選択して右クリックし、「セルの書式設定」を選ぶ。開いた画面の「表示形式」タブの「分類」で「ユーザー定義」を選び、「種類」欄に図の内容を入力する