文字列を結合する「CONCAT」関数。Excel 2016から新たに追加された関数だ。基本的な使い方に加えて、仕事に役立つ実例も紹介する。

文字列を結合するCONCAT(コンカット)

 文字列を結合する「CONCAT」関数は、姓と名が分かれているセルを結合して氏名にしたり、部署名が部・課・グループなどに分かれている場合に1つのセルにまとめたりする場合に利用する。これまで「CONCATENATE(コンカティネイト)」関数や「&」を利用するケースが多かったが、CONCAT関数を使ったほうが簡単に文字列を結合できる。

書式

書式 CONCAT(文字列1,文字列2,…)
文字列1(必須) 結合する文字列を指定する。セル範囲で指定することが可能
文字列2(省略可) 結合する文字列を指定する。セル範囲で指定することが可能

基本的な使い方

 文字列を結合する関数としては、これまでCONCATENATE関数を利用していた。「=CONCATENATE(A2,B2,C2)」などと、結合する文字列(=セル)をカンマで区切って併記する。また、関数ではないが、文字列を連結する記号として「&」も使う。「=A2&B2&C2」のように、「&」でつなげば連結できる。

 今回紹介するCONCAT関数は、セル範囲で指定できるのが特徴だ。下図で「部署名1」「部署名2」「部署名3」を連結してD2セルに表示する場合は、「=CONCAT(A2:C2)」と範囲で指定すればよい。途中に空欄があってもそこは無視して連結する。また、例えばA2~C2セルとE2~G2セルの6つのセルをすべてを結合してD列に記載したい場合は、「=CONCAT(A2:C2,E2:G2)」と記述すればよい。

CONCAT関数を使えば、結合したいセルが3つ以上あっても範囲で指定できるので楽だ
CONCAT関数を使えば、結合したいセルが3つ以上あっても範囲で指定できるので楽だ

【仕事での使い方】都道府県から番地までを1つのセルにまとめる

複数の文字列(セル)を結合したいときにはCONCAT関数を使おう
複数の文字列(セル)を結合したいときにはCONCAT関数を使おう

 上図のように、「都道府県」「市区」「町」「番地」とそれぞれセルが分かれている住所を結合してE3~E10セルにまとめて表示するケースを考える。この場合はE3セルに「=CONCAT(A3:D3)」と記述すればいい。後はこれをE4セル~E10セルにコピーすれば完了だ。

文字列を結合したいときにはCONCAT関数を使う。引数としてセルの範囲が指定できるのが、Excel 2013までのCONCATENATE関数と異なる点だ
文字列を結合したいときにはCONCAT関数を使う。引数としてセルの範囲が指定できるのが、Excel 2013までのCONCATENATE関数と異なる点だ

 Excel 2013までの場合は、CONCAT関数がないので、CONCATENATE関数を使う。こちらは、範囲指定はできないので、「A3,B3,C3」のように、セルを1つずつ指定する。&を使う場合は「=A3&B3&C3」と記述する。

Excel 2013までならCONCAT関数の代わりにCONCATENATE関数を使う。こちらはセルをカンマで区切りながら1つずつ指定する
Excel 2013までならCONCAT関数の代わりにCONCATENATE関数を使う。こちらはセルをカンマで区切りながら1つずつ指定する
&を使えば、CONCATENATE関数と同じことができる
&を使えば、CONCATENATE関数と同じことができる

 ちなみにCONCAT関数を利用したブックをExcel 2013以前のバージョンで開くと「=_xlfn.CONCAT(A3:C3)」と表示され、結合したセルは正常に表示される。