行番号を調べる「ROW」関数。基本的な使い方に加えて、仕事に役立つ実例も紹介する。

行番号を調べるROW(ロウ)

 行番号を調べる関数ROWだが、今ひとつ使い道が分からない方がいるかもしれない。だが、うまく活用すれば、データを削除したり、順番を入れ替えたりしても常にデータの連番を保てるのだ。

書式

書式 ROW(範囲)
範囲(省略可) 行番号を求めたいセルの範囲を指定する

基本的な使い方

 ROW関数を使って、例えば下のような表で、番号「3」の5行目を削除しても、次の行が繰り上がって自動的に番号「3」が表示されるようにしてみよう。

 通常、連番を作成するときは、「オートフィル」機能などを使って直接「1、2、……」と番号を入力するが、この方法で直接連番を入力すると、行データを削除したり、入れ替えたりで「連番」が狂ってしまう。

 そこでROW関数の出番。ワークシート自体の行番号は、行データを削除しても、番号が繰り上がって常に連番で表示される。この行番号を元に連番を計算すれば、常に連番が保たれるわけだ。

 A3セルの記述内容を考えてみよう。連番が付いた先頭の行の行番号を調べる。A3セルの行番号を表示するなら「=ROW()」だけでOK。だが、実際にはA3セルには連番の先頭なので「1」と表示したい。行番号と連番は常に2ずれているから、行番号から2を引けば、連番になる。つまりA3セルの記述内容は「=ROW()-2」となる。

開始したい行番号と振りたい連番が異なる場合は、行番号から振りたい番号を引いた数だけマイナスする。ここでは「=ROW()-2」と記述すればよい
開始したい行番号と振りたい連番が異なる場合は、行番号から振りたい番号を引いた数だけマイナスする。ここでは「=ROW()-2」と記述すればよい

【仕事での使い方】1から始まらない「連番」を表示できるようにする

A3セルに「=ROW()-2+1000」と記述すると、「3-2+1000」つまり「1001」となる
A3セルに「=ROW()-2+1000」と記述すると、「3-2+1000」つまり「1001」となる

 基本的な使い方に少しだけ工夫すれば、1から始まる連番でなくともROW関数を活用できる。

 今回の表では、A3セルを「1001」から始めたい。そのためには「行番号-2+1000」とすれば、1001から始まる連番を作成できる。具体的には、A3セルに「=ROW()-2+1000」と記述すればよい。この式をA4セル以降にコピーしていけば、一気に連番を表示可能だ。A4セルは「4-2+1000=1002」となり、A5セルは「5-2+1000=1003」となる。

データを削除しても「番号」が上から順に振り直され、“欠番”が出ないようになる。例えば、4行目で1002番に割り当てられている津山さんのデータを、4行目を選択して右クリックで削除すると……
データを削除しても「番号」が上から順に振り直され、“欠番”が出ないようになる。例えば、4行目で1002番に割り当てられている津山さんのデータを、4行目を選択して右クリックで削除すると……
5行目の1003番だった木村さんが繰り上がって、1002番となる。番号が振り直され、常に連番で表示できるようになる
5行目の1003番だった木村さんが繰り上がって、1002番となる。番号が振り直され、常に連番で表示できるようになる