開始したい行番号と振りたい連番が異なる場合は、行番号から振りたい番号を引いた数だけマイナスする。ここでは「=ROW()-2」と記述すればよい
開始したい行番号と振りたい連番が異なる場合は、行番号から振りたい番号を引いた数だけマイナスする。ここでは「=ROW()-2」と記述すればよい

【Excel時短術】仕事に効くROW関数の使い方 行番号を調べる

2019年07月29日
  • 開始したい行番号と振りたい連番が異なる場合は、行番号から振りたい番号を引いた数だけマイナスする。ここでは「=ROW()-2」と記述すればよい
  • A3セルに「=ROW()-2+1000」と記述すると、「3-2+1000」つまり「1001」となる
  • データを削除しても「番号」が上から順に振り直され、“欠番”が出ないようになる。例えば、4行目で1002番に割り当てられている津山さんのデータを、4行目を選択して右クリックで削除すると……
  • 5行目の1003番だった木村さんが繰り上がって、1002番となる。番号が振り直され、常に連番で表示できるようになる