ふりがなを取り出す「PHONETIC」関数。基本的な使い方に加えて、仕事に役立つ実例も紹介する。

ふりがなを取り出すPHONETIC(フォネティック)

 PHONETIC関数を使えば、ふりがなを取り出せる。Excelで入力した文字にはふりがな情報が付いており、これを別セルに表示できる。

書式

書式 PHONETIC(範囲)
セル範囲(必須) 参照するセルを指定する

基本的な使い方

 漢字の氏名などからふりがなを取り出して表示したいことがある。例えば、下図のような会員名簿の名前から抜き出してC3セルに表示するには、C3セルに「=PHONETIC(B3)」と入力する。

 「なぜ、ふりがなが抜き出せるのか」、疑問に思う方もいるだろう。漢字入力の際にキーボードで入力した“変換前のかな”を、Excelは自動で記録している。これを抽出しているわけだ。

 本来とは違う読みで漢字に変換した場合は、そのままの文字が記録されてしまう。このときは、後で修正する(詳しくは後述)。また、ほかのソフトからコピーしたデータは、自分で入力する必要がある。

PHONETIC関数を使えば、会員名の「ふりがな」をいとも簡単に表示できる
PHONETIC関数を使えば、会員名の「ふりがな」をいとも簡単に表示できる

【仕事での使い方】姓と名のふりがなをまとめて取り出す

姓と名が別々のセルに入力されている会員名簿でも1つのセルにまとめて表示できる
姓と名が別々のセルに入力されている会員名簿でも1つのセルにまとめて表示できる

 姓と名が別々セルに分かれている場合、「セル範囲」を指定する。つまり「基本的な使い方」のように「B3」と単独のセルを「セル範囲」に指定するのではなく、「B3:C3」(B3セルからC3セルまで)と指定する。こうすると、「セル範囲」内のふりがなは、すべて連結されて表示される。

 続いて、間違ったふりがなを修正しよう。C5セルに「祥子」と入力したが、これは「ショウコ」と入力して変換したもの。実際には「祥子」と書いて、「サチコ」と読むのだ。

 まずふりがなの間違った漢字を含むセル(今回は「祥子」と入力されたC5セル)を選択する。「フォント」グループの「ふりがなの表示/非表示」の右横にある「▼」を押し、「ふりがなの編集」を選ぶ。漢字の上部にふりがなが表示されるので、正しい読みに書き換えればよい。

「ホーム」リボンにある「フォント」グループ」にある「▼」をクリック。「ふりがなの編集」を選ぶ
「ホーム」リボンにある「フォント」グループ」にある「▼」をクリック。「ふりがなの編集」を選ぶ
ふりがなが表示されるので修正する。これがD5セルにも反映される
ふりがなが表示されるので修正する。これがD5セルにも反映される