セル内の数値を四捨五入する「ROUND」関数。基本的な使い方に加えて、仕事に役立つ実例も紹介する。

端数処理に役立つROUND(ラウンド)

 数値に対して四捨五入したり、切り上げ・切り捨てしたりすることを端数処理と呼ぶ。Excelには端数処理を実行する関数が用意されており、今回紹介するのは四捨五入を実行するROUND関数。経理部門だけでなく、売り上げ推移グラフなどを作る営業部門でも、細かい数字を丸めることはよくあるはずだ。ちなみに切り上げは「ROUNDUP」関数、切り捨ては「ROUNDDOWN」関数で実行する。

 使い方のカギは、下の書式にある「桁数」に指定する数値。これによって、どの位で端数処理をするかが決まる。

書式

書式 ROUND(数値,桁数)
数値(必須) 四捨五入の対象となる数値を指定する
桁数(必須) 四捨五入した結果の桁数を指定する

基本的な使い方

 まずは簡単な例で説明しよう。「3.87」という数値があるとする。これを小数点第一位までで四捨五入した場合をB2セルに、一の位までで(整数で)四捨五入した場合をB3セルに表示する場合を考える。

 小数点第一位までで四捨五入する場合、「桁数」は「1」となる。整数に四捨五入する場合は「桁数」は「0」となる。

「数値」はセルで指定(B1)し、「桁数」を「1」にすれば、結果は小数点第一位で、「桁数」を「0」にすれば整数で四捨五入される
「数値」はセルで指定(B1)し、「桁数」を「1」にすれば、結果は小数点第一位で、「桁数」を「0」にすれば整数で四捨五入される

 「桁数を0にすると整数になる」ということと、それを基準に小数点側には1、2、3……と増えていき、整数側にいくと-1、-2、-3……と減っていくことを覚えておけば、簡単に活用できる(下図参照)。

ROUND関数など端数処理用の関数で利用する「桁数」は、一の位まで残す(小数第一位を端数処理する)とき「0」にする。これを基準に、小数方向を正の数、整数方向を負の数で指定する
ROUND関数など端数処理用の関数で利用する「桁数」は、一の位まで残す(小数第一位を端数処理する)とき「0」にする。これを基準に、小数方向を正の数、整数方向を負の数で指定する

【仕事での使い方】指定した位で数値を四捨五入する

会員価格を求めるため、一般価格の15%引きの価格を計算。これに十の位を四捨五入する
会員価格を求めるため、一般価格の15%引きの価格を計算。これに十の位を四捨五入する

 会員向けに15%引きの特別価格を設定したが、支払いが面倒にならないように十の位で四捨五入した価格を会員に提示したい――。ROUND関数ですぐに解決できる。

 まずは15%引きの会員価格を算出する。これは一般価格に0.85を掛ければいい(「一般価格」*0.85)。この価格に対して十の位で四捨五入する場合はROUND関数の「桁数」を「-2」すればいい。

まず一般価格に0.85を掛けて、15%引きの価格を計算。それを対象に、ROUND関数で十の位を四捨五入する。それには、引数「桁数」を「-2」にすればよい
まず一般価格に0.85を掛けて、15%引きの価格を計算。それを対象に、ROUND関数で十の位を四捨五入する。それには、引数「桁数」を「-2」にすればよい